ゆかたを着た日のメイク

夏祭りや花火大会など、これからのシーズンは、ゆかたを着る機会が増えてきますよね。

洋服のときとは、髪型もちがいますし、メイクも、これまでと一緒でいいのだろうかと悩みますよね。

さりげなく、でも、非日常感のある顔になるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?

今回は、ゆかたのときに似合うメイクを紹介します。
PAK85_shimadukaminoke20140823-thumb-815xauto-17452[1]

はんなり・しっとり

ポイントは、素肌感

ゆかたのときには、マスカラやつけまつげなどを使った、まつげバッチリメイクは、似合いません。

素肌の美しさをいかした、ナチュラルでソフトなメイクをすると、ゆかた本来のしっとりとした雰囲気が引き立ちます。

まずは、シアー感がある化粧下地で顔全体をととのえます。
そのあと、大き目のパフか、ブラシ(筆)に、パウダーファンデーションをとり、顔にぽんぽんと、ぼかすようなイメージでのせていきます。

オイリー肌の人は、化粧崩れをふせぐために、フェイスパウダーを重ねます。
かなり汗ばむようなら、ベビーパウダーを混ぜると、さらさらになるのでおすすめです。
(ドライ肌なら、とくに必要ありません)

チーク

湯上がりに着るので、「ゆかた」と呼ばれるように、ゆかたを着た日は、血色がよく見えるメイクが似合います。

頬骨のあたりに、大きく、うっすらと入れましょう。
オレンジ系、ピンク系などのフレッシュな色味をチョイスして、グラデーションを描くように入れると、きれいです。

ゆかたを着ると、髪をアップにすることが多いので、やや幅広くチークを入れると、バランスがとれます。

アイメイク

アイメイクは、色味よりも、ライン重視ですが、着物のときのように、アイラインを長く、くっきりと入れなくてもだいじょうぶです。

まぶたの上側に、インサイドラインで、ギリギリにひくと、目の光が際立ち、和風の顔になれます。

それも、インサイドラインは、ブラックではなく、ダークブラウンか、紺色、グレーなどを使用すると、顔が強くなりすぎず、あっさりとした、ゆかたの持ち味が生かされます。