まずは、自前の眉毛をきれいにする方法があった?!

切ったり、剃ったり、抜いたりして整えている眉毛。
そして、アイブローペンシルやシャドー、眉専用のマスカラなどを使用してメイクをしているとおもいます。

時代とともに流行のカーブや細さは、微妙に変化していきますが、じぶんにとって似合う形は、そうそう変わるものではないでしょう。
だから、理想は整えなくても、産毛を処理する程度でもきれいな眉になることではないでしょうか?

実は、カンタンな方法で理想の眉になれるものです!

毛流れを考えると良い!

眉も髪といっしょ

眉毛というくらいですから、眉も、「毛」であることにはちがいありません。そのため、寝癖もつきますし、フケが出る場合ももちろんあります。
だから、かみそりや毛抜きを使うだけではなく、きちんとお手入れをする必要があるのですね。

そして、眉には毛流れがあります。
この毛流れを見極めて、自分にとって、イチバン最高の形にクセをつけていくことができるのです。

洗顔後のブラッシングを習慣にする!

さて、顔を洗った後や、メイクを拭き取った後で、皆さんは、眉毛のブラッシングをしていますか?
おそらく、している人はあまりいないでしょう。
ですが、ほんのわずか10秒もかからないお手入れを続けるだけで、眉の毛流れが整い、少しずつかたちまで整っていくのです。

気になるやりかたですが、とても、カンタンですよ!
洗顔後、タオルでそっと水気を拭き取ったあと、なかゆび(1番よぶんな力が入りにくい指)で眉頭から、眉尻にそって、2~3回ほど、やさしくなでるだけ!

たったこれだけの単純なマッサージであり、ブラッシングですが、半年から1年ほど継続してつづけていくと、確実に自前の眉がきれいな形になっていることに気がつくはずですから。

ワンポイント

最後にワンポイントを紹介しましょう!
眉頭は、いきおいをつけて、上向きに整えて、逆に、他の部分は、眉尻にむかって、毛流れをつけるようにクセをつけておくと、美人画のような、自然なカーブをつけることができます!