そろそろ挑戦してみる!?効果が凄い!薬膳の世界

健康志向の高いレストランでのメニュー採用や専門店も多くなってきた薬膳。しかし「苦そう」とか「難しそう」というイメージもあって自宅で取り入れるという人は少ないようです。けれど実はとっても身近な薬膳の世界。美容や健康を意識している人ならば薬膳の基礎を学ぶだけでも大きなメリットになります。今回は薬膳の扉をちょっとだけ開いてみましょう。

薬膳ってどんなもの?

薬膳について調べると聞きなれない言葉が次々と姿を現します。その難しさから倦厭する人も多いようですが、実はとてもシンプルな考え方に基づいています。食材の持つ効果・効能を活かして食事によって健康な体を作るという考えです。漢方や生薬といったものと深い関わりがあり、それらを薬という形ではなく食事で得ようというものなのです。

薬膳の効果

薬膳はそれぞれの持つ力(効果)毎に食材を分類し、それぞれを効果的に組み合わせる事で体を調えてゆきます。そのため一つ一つの食材の力を十分に発揮させる事の出来る料理となっています。その効果は現代医療においても認められており、体内機能を改善・向上させる事は結果として美容にも深くつながってゆきます。

身近な所にある薬膳

薬膳というと中華街等に行かないと手に入らない食材のようなイメージもありますが、実はとても身近なものです。基本的には食材の全てが薬膳の材料になり得るからです。むくみに効く小豆、解毒作用があって便秘にも効くごぼう、冷え症対策に良い生姜、体を温めるネギなど薬膳に使われる食材は普通にスーパーでも販売されています。

簡単に作れる薬膳レシピ

では自宅でも簡単に作ることの出来る薬膳レシピをご紹介します。
ニンジンとチーズの温サラダ
 ニンジンとジャガイモを千切りにしサッと火が通るまで炒めます。塩・コショウで味付けをし、適度にカットしたチーズ(好みによってカッテージ、モッツアレラ、ブルーチーズ等)を絡めて出来上がりです。肌や髪にツヤや潤いを与えてくれます。

トマトとほうれん草のくるみ和え
 トマトとサッと湯通ししたほうれん草を適当な大きさにカットします。予めすりおろしておいたくるみ(ゴマでも可)、ごま油、砂糖、塩、酢を混ぜたものを用意しておき、野菜と和えれば完成。アンチエイジング効果が期待出来ます。

毎日の生活に取り入れたい薬膳の考え方

薬膳は奥が深いものですが、少し理解するだけでも毎日の食事に大変役に立ちます。難しく考えずに、まずは簡単に出来ることから取り入れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です