食生活を改善して痩せよう!食材選びのポイント「マゴワヤサシイ」習慣~ヤ編~

さてさて、今月は食材選びのポイント、「マゴワヤサシイ」についてご紹介させて頂いてます。前回は「ワ」についてご紹介させていただきました。今回は「マゴワヤサシイ」の「ヤ」について書きます。

○「マゴワヤサシイ」の「ヤ」!
「ヤ」の代表的な食材は、人参やピーマン、トマト、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜、ゴボウやショウガなどの根菜類になります。
これらは抗酸化作用が強く、フィトケミカルが豊富!特に緑黄色野菜にはフィトケミカルが多く含まれているので、色とりどりの色の濃い野菜を摂るとGOODです!
緑黄色野菜は時期によって、その時期の旬があります。季節の野菜を使って様々な栄養素を摂れたらいいですね。生野菜は体を冷やしてしまうため、冷え性の人は温野菜を摂ってみたり、便秘がちな人は、根菜類に含まれる不溶性食物繊維で便の量を増やしてみることをお勧めします。

○「ヤ」の美味しい食べ方!
野菜は生でも食べられるし、加熱調理しても食べられる食材。美味しい食べ方というよりは、食べる時の工夫について教えます。
野菜といっても、野菜には種類があり、淡色野菜と緑黄色野菜に分類されます。1日に350g食べることが推奨されています。栄養価が高いのは緑黄色野菜!そして緑黄色野菜は1日に120g食べることが推奨されています。青菜は調理しやすいので、ほうれん草のおひたしや胡麻和え、ニラの卵とじなどでは、簡単に食べることができます。トマトは切ってそのまま食べることが可能ですね。
野菜を食べるときは、ビタミンを摂る目的であれば、生のまま食べることをお勧めします。ビタミン類は熱によって損失しやすいので、シンプルに生のまま食べましょう。食物繊維を摂る目的であれば、加熱しても問題ありません。
一人暮らしなどで、野菜を買っても腐らせてしまうという方は、最近では冷凍食品コーナーにも野菜が売っているので、それを利用するのもいいですね!

いかがでしたか?ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な野菜類。種類によって含まれる栄養素は違うため、様々な野菜を組み合わせて、それぞれの栄養素をバランスよく摂ることができたらいいですね。
次回は「マゴワヤサシイ」の「サ」についてご紹介します!