シミ予防?できてしまったシミ対策?目的に応じて美白化粧品を選ぼう

どんなに紫外線対策をしていても、ある日突然できてしまう、シミ。また、今はできていなくても、いつかできるシミに不安を感じている方もいますよね。同じシミの悩みでも、すでにできてしまったシミと、シミ予防では、効く成分も変わってきます。宣伝文句に流されず、自分に必要な成分で美白化粧品を選びましょう。

予防と治療では成分が異なる

美白成分は、ふたつに分けることができます。ひとつは、メラニン生成を抑制するもの。もうひとつは、メラニンを還元するものです。
メラニンとは本来、肌細胞を紫外線から守るために作られます。しかし、このメラニンが過剰につくられてしまうと、色素沈着などを起こしてしまいます。これがシミです。メラニン生成を抑制することはシミ予防につながりますし、メラニンを還元することで、つくりすぎた分を排出することができます。

目的にあった成分を選ぼう

シミ予防

メラニン生成を抑制する成分として代表的なのは、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、4MSKなどです。

できてしまったシミ

メラニンを還元する成分として代表的なのは、ビタミンC誘導体です。

美白化粧品を選び方


自分が選ぶべき成分がわかったら、あとはそれが配合された化粧品を探し、試してみることになります。ビタミンC誘導体が入っていれば、予防にもなり、できてしまったシミにも効果的なので一石二鳥ですよね。しかし、ビタミンC誘導体にもたくさん種類があります。
また、ほんのわずかだけ配合させて「美白成分○○配合!シミに悩む方へ!」などと宣伝されているものもあります。これらの成分は厚生労働省の認可を受けているので、配合して販売される際は「医薬部外品」というカテゴリーに分けられます。この医薬部外品、成分の並び順に決まりがありません。通常、化粧品というと、たくさん含まれているものから順に成分が書かれていますよね。医薬部外品ですと、どれがどれだけ含まれているのかがまったくわかりません。口コミ、パッチテスト、価格などで判断していきましょう。

おわりに

価格が高いから効果がある、と早合点してしまわないよう、自分に必要な成分を知っておきましょう。