痩せたい体重の重たさと同じ重たさのダンベルを持ってみると・・・

痩せることとは、つまり、体脂肪を減らし、体重を落とすことにほかなりません。
そのためには、食べものから身体に摂り入れるカロリーにくらべて、消費するエネルギーが多ければ自然に痩せますし、逆に消費するエネルギーが少なければ体重が増えて、体脂肪が多くなってしまいます。

そんな基本的なことは、もう充分に知っている!
そう思っていませんか?
たしかに、ダイエットのメカニズムは理解していることだと思いますが、それを身体で感じて欲しいのです。

減量したい単位と同じものを持つ

【痩せる】を実感

春までに3㎏と目標を立てるとします。
体重計の目盛りで3㎏というと、現在の体重が60㎏であれば、3㎏少なくなると、57㎏ですよね。ですが、実際に、日常生活のなかで、3kgというと、どのくらいの重たさなのか、実感できますか?

試しに、3kgのダンベルを持ってみてください。
どうですか?
思ったよりも、重量があることに驚いたのではないでしょうか?

そうです。3kgは、けっこうな重たさなのです。
この重たい脂肪を、身体から頑張って落とさなくてはなりません。
これって、かなりタイヘンなことですよね?
落としたい重さを、身体で実感することによって、ラクラクダイエットなんて、むずかしい理由がわかっていただけたのではないでしょうか?

【痩せた】を実感

そして、めでたく減量に成功すると、今度は、その痩せたのと同じ重さを手に持ってみてください。
たとえば、5㎏落とすことに成功したのなら、5㎏のお米でも、野菜でも、実際に手に取って感じてください。

かなり、しんみりとした気持ちになるはずですから。
このようにして、机上の理論ではなく、実際に落としたい数字を明確に、実感することによって、論理的に目標をたてることができますから、結果としてダイエットが成功しやすくなるのですね。
食べることや、運動以外にも、大切なことは、明確に痩せたいという意思を持ち、実践していくその姿勢そのものなのですから!!
ダイエットは、全身で実践するのが正解なのです!