即効で体重ダウン? 着やせテクニック大公開!!

ヘルスメーターに乗ると体重が減っているわけではありませんが、見た目でいえば、マイナス3キロ、いいえ、マイナス5キロくらい痩せた錯覚になる!

ファッションを工夫すると、直接のダイエット効果こそ期待できなくても、【着やせ】することは、じゅうぶんに可能なのです!!

上手に体型をカムフラージュしながら、すっきりとして見せる、オトナの着やせテクニックを大公開しちゃいます!

もう、ダボダボファッションは卒業!

Iラインを上手に活用する

着やせというと、すぐに思いつくのは、ダボダボとしたシルエットのお洋服だとおもいます。ロングカーデガンやガウチョパンツなど、体型隠しのために流行しているという面は否定できません。

たしかに、生地があからさまに余った服を着ていると、痩せているのか、太っているのか見分けがつかないですからね。

しかし、実際の体型よりも太っては見えないというだけで、やせても見えないのです。それどころか、だらしない印象に。

ゆるいシルエットでおなかやふとももを隠すのではなく、縦のラインを意識するとすっきりして見えます。

全体的につかず離れずのシルエットの服をチョイスして、カーデガンの前をあけたり、襟の存在感を意識させることによって、全体をアルファベットのIの字になるように整えていくと、自然に着やせが成功します!

色と素材にこだわって

オーガンジーやシフォンなどのブラウスは、女らしくセクシーに見えて人気ですよね。

けれども、着やせということを考えると、NG です。やわらかな素材は、ふわふわとかわいらしい反面、脂肪の存在感も際立たせてしまうから。とくに、ホワイトや薄めのベビーピンクは、女の子らしくて惹かれる反面、どうしても、実際の印象よりも、お肉が強調されますから、注意が必要ですよ。

逆に、ハリがある素材をえらび、さらに、紺や黒などの収縮色をチョイスすると、ひきしまった印象に。

このように、色えらびと、素材の工夫によって、体型の印象は、ずいぶんちがってくるものなのです。