ズバリ、洗濯機の汚れ対策していますか?清潔な服を着るために今日からできること

どんなに素敵な装いをしても、服が汚れていたり、くたびれていたり、ましてやニオイがあると、決しておしゃれな女性という印象には、ならないですよね。

まず、着こなしに大切な清潔さや、衛生というと、洗濯がキホン。
洗濯機は、家電のなかでも地味な存在ですが、欠かすことができないアイテム。

ただ、洗濯機は、意外に汚れやすいにもかかわらず、あまり、お手入れをしていないという人も多いそうです。
手軽に実践できる、洗濯機のカビや汚れ対策をお伝えします。

こまめに実践

洗濯機は酢で洗う? 


まず、気になるのは、内部に浮き出てくるカビではないでしょうか。
洗濯機といえば、必ず水を使いますし、あまりカラリと乾ききることが少ないですから。

そこで、おすすめなのは、洗剤代わりにコップ1杯ほどの酢を入れて、洗濯機をまわすことです。このとき、衣類などは入れないでください。

酢で洗濯機の内部を洗浄して、そのあと、水で洗い流すと、気になる黒ずみや、カビなどが、だいぶきれいになります。

また、酢は殺菌作用が強く、強力に汚れを落とすパワーがあることから、掃除にも重宝されていますよね。

普段は、フタをしめなくて良い?

洗濯機のフタは、皆さんは、ふだんからしめていますか?
意外にきっちりとしめている人が多いものですが、使用するとき意外は、基本的にあけっぱなしにするのがおすすめなのです。

いつもフタをしめていると、そのぶん、余分な湿気もこもりがちになりますし、雑菌類の繁殖する原因になってしまいますから。

そのため、洗濯機は、使用するとき以外は、ふたをあけっぱなしにしておくほうが、内部が乾きやすくなり、衛生的にたもつことができるというわけなのですね。

あまり、神経質になりすぎるより、ちょっぴりズボラさんのほうが、かえって清潔に衛生的にたもつことができるのは、皮肉ですが、フタを開けっ放しにするというのは、誰でもかんたんに実践できることですから、今日からぜひ、はじめてみませんか?