ウオーキングにはコツがあった!

ダイエットに限らず、ウオーキングが美容と健康にいいというのは、21世紀の現代では、すっかり有名な話になっていまいました。
しかし、ただ、のんびりと季節のうつりかわりを楽しむように歩くのでは、はっきりいって意味がありません!

筋肉量がアップしたり、新陳代謝が活発になるためには、ウオーキングにもコツがあったのです!
美容と健康のためによい、ウオーキングのやりかたについて伝授しますね!!

歩幅を狭く、早足で

ゆっくりでは意味がない? 

ゆっくりと散歩するだけでも、ダイエット効果はあるのでは?とおもいがちですが、ゆっくり歩くだけでは、脂肪が燃えにくく、新陳代謝も活発にならないので、基礎代謝が増えることもありません。
まったく、何もしないよりはマシだとおもいますが、せっかくのあき時間を使って取り組む以上は、やっぱり効果を期待したいとおもいませんか?!

まず、早足で歩くことはもちろんのことですが、大股ではなく、歩幅を狭め、確実に1歩1歩を大切にするようにして歩くのがポイント。
大股歩幅を広げて歩くと、いかにも歩いていますという雰囲気は出るものの、下半身の筋肉におもったような負荷をかけることができずに、結局、カロリー消費にむすびつかないものなのですから。

まずは、早足で、歩幅を狭くして、歩き出すことを覚えてくださいね。

おなかを引っ込めて歩こう!!


歩幅を小さくして、早足で歩くコツをつかんだら、さらに、パワーアップしてみませんか?

歩きながら、今度は、おなかを引っ込めたり、おなかをふくらましたりする動作を繰り返します。
すると、酸素を効果的に取り込むことができて、呼吸が大きくなるのがわかりますから。

呼吸と身体の動きは密接しています。
そして、酸素をいっぱい取り込むことができるようになると、新陳代謝がアップして、その効果によって、肌の弾力アップや、顔色が良くなるといった、ダイエット以外の効果まで期待できるようになるのです。

せっかくウオーキングを行うのであれば、やはり、効果を最大限に出す方法を選びたいですよね?