気分は、パリコレモデル?!美しくエレガントに歩くコツとは

パーティーや式典の会場で、さっそうと美しく歩く女性は、目をひきますよね。

クリスマスパーティーや忘年会などで、人前に出る機会が増える師走。
いまよりさらに、もうワンランク上の女性になるために、美しく歩くコツを身につけませんか?

ファッション・モデルになった気持ちで! 

takebe_akaiitogirl2_tp_v1

まずは、ハイヒールを履いて

モデルになると、まず徹底的に訓練することがあります。
それは、ウオーキングとポージングです。

どれだけ、顔がキレイでも、どんなにスタイルがよくても、ウオーキングができなれば、モデルの仕事はできませんから。

新人モデルは、全身がうつる鏡に自分の姿をうつし、ハイヒールを履いて、エレガントに歩く練習をひたすらくりかえします。
このとき、どんなファッションでもかまいませんが、必ず、7センチ以上のパンプスを履くのがお約束。

ハイヒールを履く習慣をつけることで、美しく歩くために必要な、バランス感覚を養い、正しい姿勢をとりやすくするからです。

というわけで、ぜひ私たちも、日頃からハイヒールを履く習慣をつけませんか?

一定の視線をキープする

そして次に、ハイヒールで歩くときは、身体が揺らがないようにしなければなりません。
ふらふらと歩いていると、子供っぽいあまり優雅とはいえない動きに見えてしまいますから。

でも、筋トレに励んでいるひとならとにかく、いきなり、ふらふらするな! といわれても困りますよね。

だいじょうぶです。
ちょっとしたコツがあるのです。

そのコツとは、視線を一定にキープすることです。
たとえば、能楽堂に行くと、舞台に柱があり、いったい何のためなのか、と不思議におもいます。

実は、能面をつけると、目の穴が小さいために、極端に視野がせまくなります。
だから、視線を一定にたもつために、演者は、柱を目印にして、見ている位置を固定しているのです。

同じように、私たちも、視線を揺るがないよう、見る位置を決めておくと、姿勢と動きがブレずにさっそうと歩くことができますから。