要改善!寝苦しい夜の「睡眠の質の低下」はおブスを招く!

暑苦しい夜、なかなか寝付けずに気が付いたらもう朝になっていた・・・こんな事では疲れは取れません。そればかりかおブスに一歩一歩近づいてしまうかも!夏の夜はただ冷房を利かせるだけでは質の良い睡眠がとれません。綺麗になるチャンスを逃さないために質の良い睡眠であるかここで見直してみましょう。

【睡眠と綺麗の関係】
睡眠の質が低下すると疲れが翌日まで残ります。体がだるくなったり、イライラするようになったりして体内機能も低下します。当然の事ながら姿勢や表情などもおブスに近づいてしまうわけです。また成長ホルモンの分泌も低下し美肌に重要な新陳代謝も低下してしまいます。睡眠の質と綺麗は切り離せない問題なのです。

【寝返りを打ちやすい状態か確認】
実は質の良い睡眠を取るには適度な寝返りも重要になります。ところが高すぎる枕を使っていたり堅すぎるマットを使っていたりすると寝返りの回数は減ってしまいます。体に合った寝具を揃えるようにしましょう。

【体の一部だけが冷えすぎないように気を付ける】
冷房がどのように体に当たっているかもチェックしておきたいものです。一部が冷えすぎると冷えの原因になるばかりか睡眠の質も低下してしまうからです。クーラーと同時にサーキュレーターを併用して直接冷気が触れないような工夫をして下さい。

【真っ暗な状態で寝るようにする】
室内の照明にも気を配りましょう。真っ暗な中では眠れないという人もいますが、実はそれは間違いです。真っ暗な中で無いと睡眠の質が低下することがわかっているからです。屋外の灯りはカーテンでシャットアウトし、室内の照明は全て消すようにしてください。しかし深夜目が覚めた時に真っ暗だと危険な場合もあります。人感センサーの照明を取り入れるかアイマスクの着用等で危険は回避してください。

【寝る前の儀式を決めておく】
なかなか寝付くことが出来ないと結果として睡眠時間は減ってしまいます。「眠れない」と思う事も一つのストレスです。そんな「眠れない」人は寝る前の儀式を取り入れてきてはいかがでしょうか。寝る前に決まった行動をすると、脳が「そろそろ寝る時間だな」と覚えて体を寝るモードにしてくれるのです。例えばアロマを焚き、その後軽いストレッチを行ってから寝る。あるいはホットミルクで一息ついてからパジャマに着替え、ベッドに横たわったら深呼吸をゆっくり10回繰り返す、といった感じです。こんな習慣がスムーズな眠りを呼び込んでくれます。

【寝る前30分は質の良い睡眠のために使おう】
寝る前はスマホをいじってみたりしたくなりますが、ここはグッと我慢して質の良い睡眠のための準備時間に当てましょう。この30分がその後6~8時間の充実に影響するのです。それはあなたをおブスから遠ざけるための大事な時間なのですよ!