摂りすぎてもOKってホント?ビタミンCの副作用とは

美容に欠かせない成分、ビタミンC。ニキビの炎症を抑えてくれたり、シミ改善に効果があったり。健康のためだけでなく、お肌のためにも積極的に摂っていきたいですよね。普段の食事からだけでなく、サプリメントなどで補っている方も多いはず。「摂りすぎても大丈夫」という言葉はよく聞きますが、果たして本当に大丈夫なのか、あなたは知っていますか?

ビタミンCの摂取目安

1日の摂取目安は、男女とも100mgと厚生労働省により定められています。これはあくまで最低値であり、健康を維持するために必要な量は800mg、美容効果を期待する場合は2000mg必要とされています。

目安を超えた場合の症状

おなかを下す

代表的なのは、おなかを下してしまうこと。一度に1000mg以上を摂取すると起こりやすくなります。ビタミンCは摂りすぎた分をすぐ体外に排出しようとするため、下すことにつながってしまうのです。

吐き気をもよおす

一度に摂取する量が2000mgになると、まれに吐き気をもよおすことも。過剰に摂取することは身体にかなりな負担をかけます。1日忙しくて摂取する時間がなかった、とまとめて摂るのは絶対にやめましょう。

鉄分にも影響が

ビタミンCの過剰摂取は、鉄分の吸収をあげてしまいます。よって、鉄分を蓄積してしまう病気をお持ちの方は大変危険です。

おわりに

「摂りすぎても大丈夫」とはつまり、摂りすぎた分が排出されてしまうから。よって、一度に摂取してもあまり意味がないということ。まとめて一気に摂ることは避け、朝昼晩と分けるなど工夫を。
いくら身体にいいものでも、「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」は悪影響を及ぼします。それは美容成分でも同じこと。美肌のためと思って、身体をこわしてしまっては意味がありませんよね。ルール違反をしても、美には辿りつけません。推奨されている量を正しく守ってキレイを目指しましょうね。