ニキビや脂浮きに悩む女性必見!! ビタミンB群の効率よい摂取方法とは?

ニキビや脂浮きに悩む女性は、まず、食生活を見直してみませんか?
というと、きびしい食事制限を連想するかもしれません。

でも、油分や肉や卵にふくまれる動物性タンパク質は、人体にとって欠かせない大切な成分ですから。

おいしく食べながら、オイリー肌から解放される食べ方とは、いったいどんな方法なのでしょうか?
520af1d66b70edc1fc123c2895d65fb0_s

食べ合わせが肝心?

意識して、ビタミンB群を摂取!!

皮膚表面の脂っぽさを、おさえるためには、これまでよりも、ビタミンB群に重点をおきましょう。

ビタミンBのなかには、ビタミンB1やビタミンB2などがあります。B1は、糖質や炭水化物の代謝を促進することで知られています。
また、脚気(かっけ)の予防にもなります。

江戸時代に、上流階級の人を悩ませた脚気の原因は、白米の食べすぎによるビタミンB1不足でした。
一方、庶民は、ぜいたく品であった白米は食べられず、玄米中心の食生活を送っていたため、脚気とは無縁だったのです。

ビタミンB1は、玄米のほかには、豚肉や、豆腐、きなこなどの大豆製品に、たくさんふくまれています。

また、ビタミンB2は、脂肪の分解や代謝に関わっています。
あまり、通常の生活を送っている限りは、不足することはありませんが、ニキビに悩む人は、欠かせない栄養素です。

意外ですが、卵黄や、うなぎなどを食べると摂取することができます。

豚肉にネギを組み合わせると?

とはいえ、いくら良い成分だからといって、同じ食品ばかりを食べ続けるのは感心しません。

ずっと、ひとつの食品を食べ続けることを、習慣にするのではなく、栄養素の吸収をアップさせる方法を考えましょう。

たとえば、豚肉には、たまねぎやネギ類といっしょに食べると、効率よくビタミンをとりこむことができるのです。

おなじように、豆腐や納豆も、ネギ類を混ぜることで、良質なビタミンを吸収するのが可能。

食べ合わせ(食い合わせ)という言葉があります。
おもに、いっしょに食べると、おなかをこわしたり、良くない意味で使われることが多いのですが、逆の場合もありますから。