植物染料による白髪染め 自宅でヘナをしませんか?

白髪染めをするのは抵抗があるけれど、毛抜くで抜き続けるのはもう限界!
そんなときには、ヘナ(ヘンナ)がおすすめ。

ヘナとは、木の葉を粉にした植物染料のことですが、肌や爪、髪などのタンパク質と反応することによって、オレンジ色に染まります。
トリートメント効果もあり、使い続けると、さらさらのまとまりやすい髪質になれるのもうれしいですよね。

難しそうに見えますが、コツを覚えると、誰でもカンタンに使いこなせますよ!

ヘナで、サラサラヘアに!

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s

入手方法とは?

インターネットで購入できますが、100パーセント植物性を選ぶのがコツです。
化学物質が混じっているもののほうが、髪は染まりやすいのですが、ダメージヘアの原因になったり、肌のくすみにつながりますから。

赤系や黒ヘナなど、色が指定できるヘナがありますが、基本的には、ヘナはオレンジにしか染まりません。これらは、何かしら混ぜ物をしている商品なので避けたほうが無難です。

最近は、健康食品を売っているショップで扱いがある場合もあります。
眼で見て選べるときには、緑がかった新鮮な粉を選ぶのがコツです。

気になる、使い方とは? 

紅茶か、ぬるま湯で、マヨネーズほどのかたさになるまで練ります。ダマができやすいで、しっかりと力を入れて混ぜましょう。
その後、1時間ほど寝かせると、しっとりとしたヘナペーストのできあがりです!

そしてそのヘナペーストを、刷毛で髪全体に塗りこみ、ぼろ布か、使い捨てのキャップをかぶせて保湿します。
素手で塗ると、手や爪がオレンジに染まるので、ゴム手袋や、刷毛を使用することをおすすめしています。

そして、1~10時間ほどしてから洗い流してください。

長い時間をおくほど、染まりやすくなりますが、ヘナをすると、なぜか、かなり体力が消耗するので、疲れない程度にがんばるのが長く続けるポイントです。

剛毛・太毛は、色が入りにくいので、回数を重ねていく必要があります。
黒髪の部分は染まりませんが、白髪には、オレンジの色素が入ります。