そろそろ夏本番!正しいUVケアで紫外線対策!

だんだんと気温も高くなり、もうそろそろ夏になりますね。日差しもだんだんと強くなり、紫外線がより一層気になってきます。夏本番になる前に、正しいUVケアを知り、紫外線対策しましょう!

紫外線は美容、特にお肌にとっては大敵とされています。なぜお肌の大敵になるかというと、肌の老化を早めてしまうから。紫外線を浴びるとお肌は、肌を守ろうと「メラニン色素」を作り出しますが、これが上手く排泄されないとシミの原因になってしまいます。また紫外線は真皮にまで届き、コラーゲンを傷つけることで肌の弾力が損なわれ、シワやたるみの原因にもなります。

⑴紫外線吸収剤
紫外線を吸収する化学物質のこと。肌の上で紫外線の影響を和らげる働きがある。

⑵紫外線散乱剤
紫外線を肌の上で反射させる物質のこと。

では、どのような日焼けクリームを選んだらいいのでしょうか?そのポイントを教えます。

⑴SPF・PA
紫外線にはA波とB波があります。A波は真皮まで届き、ダメージを与えて肌の老化を進めるもの。
B波は赤くなってヒリヒリする日焼けを引き起こします。
SPFはB波に対するもので、何も塗らない状態に比べて、赤くなってヒリヒリする状態になるまでの時間を何倍に伸ばせるかの目安になります。例えばSPF30なら約30倍に伸ばせるという意味です。塗る量が少ないと効果が減ってしまいます。
PAはA波に対するものです。よく「+」で表示されていますが、「+」の数が多いほど効果的です。

⑵紫外線吸収剤フリー
紫外線吸収剤については、先ほど紹介しました。これは敏感肌の方だとお肌にとって刺激になることがあります。そこで、紫外線吸収剤を含まないものを選ぶのがポイント◎「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」などと表示されています。

⑶クリームor乳液タイプ
ローションやスプレー、ジェルタイプはベタつきや白浮きが気になる方に人気ですが、これらのタイプはほとんどが紫外線吸収剤でできています。紫外線吸収剤を含まないタイプはクリームや乳液タイプのものに多いです。

日焼け止めは塗る量を少なくしてしまうと効果は減ってしまいます。ベタつきが嫌だからといって減らしてしまうとあまり効果は得られません。
また頬骨などの高い位置は日焼けしやすいため、顔全体に塗った後、頬骨や鼻には重ね塗りすることでさらに日焼け防止になります。日焼けクリームを塗ったら、パウダーファンデーションを重ねることでより効果的です◎ファンデーションはリキッドタイプやクリームタイプだと界面活性剤の配合が多く、肌荒れの原因になるため、パウダーがオススメです。

紫外線は「気温が高く暑い時に強い」と認識されてる部分もありますが、気温に関係なく1年を通して降り注いでいます。晴れてても曇っていても降り注いでいるため、UVケアを怠らないことが日焼け防止につながります。また、部屋の中にいても、窓ガラスを通すので油断はできません。

紫外線はお肌にとっては大敵となる物質。毎日のUVケアで、紫外線・日焼けとは無縁になりましょう!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です