今のUVケアが美肌の明暗を分ける!春先の日焼け止めの選び方。

皆さんは冬の紫外線対策をどのようにされてますか?
冬は夏に比べて日差しが強くないので、日焼け対策をされていない方が多いのではないでしょうか。夏の強力な紫外線だけでなく、春先の紫外線も肌にとってはとても怖いものです。紫外線は目に見えないものであり肌ダメージが蓄積してもすぐには肌表面に現れませんが紫外線は肌老化の約80%は、実は紫外線の影響によるものとだと言われており、日焼けやシミだけでなくシワやたるみ等の老化も早めるのです。今回は、春先の紫外線対策と日焼け止めの選び方ついてご紹介します。

紫外線について

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と目に見えない赤外線、そして紫外線があります。紫外線は波長によってUV‐A、UV‐B、UV‐Cに分かれており、地上に届く紫外線にはUV-AとUV‐Bの2種類があります。この紫外線は、浴び続けると皮膚や肌に悪影響を及ぼすのです。

UV-AとUV‐B

地上に届く紫外線は、その波長によってUV-AとUV-Bに分けられ、それぞれ違ったダメージを肌へ与えます。

UV-A

UV-Aは地上の紫外線の約95%を占めており、肌の真皮まで届いてしまうため、肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンにダメージを与えて、老化を促進させてしまいます。また、メラノサイトを活性化させてメラニンを作り出し、すでに存在するメラニンを酸化させて黒くする作用も及ぼします。UV‐Aは雲やガラスを突き通すため、曇りの日や室内にいても注意する必要があります。UVケア製品に表示されているPAの数値はUV‐Aを防ぐ効果を示しており【+~++++】の4段階で表示されています。

UV‐B

UV-Bは、表皮を中心にダメージを与え、肌に炎症を起こしいわゆる日焼けを引き起こす原因になります。さらに皮膚の角化のリズムを早め、肌荒れを起こしやすくするのです。UV‐Aとは異なり、UV‐Bはガラスを透過しないので、晴れた日の屋外にいる時は注意が必要です。UVケア製品に表示されているSPFは、UVBを防ぐ効果を示しており【2~50+】までで表示されます。(50以上は50+と表示)

紫外線の量

紫外線の量は季節によって変化しますが、一年中降り注いでます。
紫外線は空から降り注ぐだけではなく地面や空気中の粒子にも反射するため、日陰でも日向の半分程度の紫外線があるので注意が必要です。UV‐Bは季節によって変動が激しく5月頃からだんだん増え始め、6~8月に最大となります。一方、UV‐Aは安定して降り注いでいます。2月でも紫外線量は真夏の80%もありますから、紫外線対策は1年中必要であるといえます。

紫外線から肌を守る!UVケア

この時期の紫外線から肌を守るためにはどの位のUVケアが必要でしょうか。
冬場のUVケアは、高いSPF値やPA値は必要ありません。1SPF20分の効果ですので、8時間であれば480分、つまりその場合のSPF値は24となります。日常であれば 大体の値は20~24程度でも全く問題ありません。
逆に、あまりにも高すぎる値のSPFはお肌をただ乾燥させてしまうだけなので注意が必要です。
PA値に関しては+もしくは++であれば日常生活であれば十分です。
そして、紫外線対策を行ったあとは保湿ケアです。
紫外線を浴びると皮膚は乾燥するので、空気が乾燥している冬は特に肌の水分が奪われがちになっています。
十分な保湿ケアで肌に潤いを与え、紫外線対策を行う事で紫外線量が増え始める春先に備えると良いでしょう。

この時期のUVケアを行うかどうかで確実にあなたの肌は変わります。
美肌を保つために、意識して春先に向けての紫外線対策とケアを行ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です