知っておきたい、子どものための紫外線対策

日々、紫外線対策をしている世の女性も、子どものころは真っ黒に日焼けしていた、なんてことはありませんか?毎日プールで遊び、夏がおわるころには皮もむけて。そんな思い出も楽しいものですが、「あのときも紫外線対策していたらなぁ」と思わずにいられないときもあると思います。そんなあなたも今や大人。今度はあなたが、子どもたちに紫外線対策をしてあげる番です。今子どもがいる人もいない人も、子どものための紫外線対策を知っておきましょう。

一度浴びた紫外線はリセットされない

大人になっていくら美白を徹底しても、シミがたくさんできる人がいます。あれは、子どものときに浴びた紫外線が今になって現れてきたものです。紫外線とは、一度浴びてしまうとそのまま蓄積されていき、なくなることがありません。つまり、流行りで日焼けサロンに通っていた場合、周りより多くの紫外線を溜め込んでいるということです。

子どものための紫外線対策

では子どもにはどのように紫外線対策をしていけばいいのでしょうか。いくら大人が紫外線の怖さを話しても、日傘をさしておとなしくする、なんてことはなかなか難しいものがあります。

ガラスはすべてUVカットに

外にいるとき、つねに日陰にいなさい!と言うわけにはいきません。であれば、せめて室内にいるときだけでも守ってあげましょう。家中の窓ガラス、車の窓ガラスはすべてUVカット用に変えるだけで、ただ無防備に浴びつづけることを避けることができます。

日焼け止めはオーガニックを

日焼け止めはなるべく、肌に優しいオーガニック製品を選びましょう。塗る行為を嫌がる場合は、スプレータイプでささっと済ませてあげてもOK。

一緒にやってみる

「一緒に日焼け止め塗ろうか」「一緒に日陰に入ろう」と、自分と一緒に行動をさせてみるのもいい方法です。ただ、やりなさい、と言われるだけでは、子どもはなぜしなければならないのかよくわからず、楽しくありません。お父さん、お母さんもやっているから自分もやろう、やってみようと思わせることが大切です。

おわりに

将来、子どもの意思で日焼けをするのは止めることができません。しかし、将来「あのとき日焼けしてなければ…」と子どもに後悔させないよう、動いてみるのもいいと思いませんか?