【男性必見‼︎】薄毛対策のために摂るべき食品と避けた方がいい食品

年齢に関係なく男性であれば誰しもが気になる薄毛問題。

うちは家系的に絶望的だ…という方もいるのでは?

もしそれが普段摂取する食品で改善できるのであるばぜひ知りたいですよね?

ということでまとめてみました。

摂取すべき栄養素と食品

栄養素

まずは、髪の毛の主成分である、たんぱく質。

そしてそのたんぱく質を効率良く髪の毛に変える働きを助けるビタミンAビタミンB、それにミネラル。

新しい細胞を作り出すのに必要な亜鉛。

抜け毛や白髪の増加を抑える銅。

ストレスが原因で起こる抜け毛を増やせないためにカルシウム。

などが挙げられます。

では、それぞれどんな食品があるのか見ていきましょう。

食品

・たんぱく質…大豆類、乳製品、肉類、魚介類

・ビタミンA…うなぎ、レバー、緑黄色野菜

・ビタミンB…レバー類(特に牛)、かつお、さんま

・ミネラル…納豆、煮干し、わかめ

・亜鉛…牡蠣、ビーフジャーキー、煮干し、ゴマ

・銅……納豆、うなぎ、干しエビ、牛レバー

・カルシウム…煮干し、えんどう豆、ひじき

などが挙げられるでしょう。

 本当はあまり摂らない方がいい食品

摂るものがわかっていても、マイナスになる物ばかりを摂取していては、無意味。

ということでまとめました。

 

・刺激物

唐辛子やワサビなどの刺激の強い香辛料はなるべく控えた方がいいでしょう。

皮脂腺の働きが過剰になり脱毛を促進してしまう恐れがあります。

 

・塩分

これは有名ですよね!高血圧や動脈硬化を引き起こしやすくなるので、血流の悪化が考えられます。

 

・糖分

これも同様、糖尿病などの生活習慣病の原因となりかねません。

 

・アルコール

これは一見、血流を良くするからいいのでは?と思うでしょう。

そうです。ただし、適量ならということです。

アルコールは摂取するとビタミンを消費してしまいますので、先ほどの必要な栄養素を奪ったしまうためです。

 

さいごに

さて、これだけのことが分かればあとは実践に移すだけです!

日頃からほんの少し気をつけて生活するだけで悩みのタネである“薄毛問題”が解決するかもしれません。ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です