気を付けて!糖質カットダイエットの恐ろしい罠

ダイエットを行う人の多くが実践しているのがご飯やパンなどの糖質を減らすというダイエット方法です。いつもの半分にするといった具合に減らすだけなら問題はありませんが、全く摂らないなどという風に極端に減らしている人はいないでしょうか。実は糖質カットダイエットには意外な危険性も潜んでいるのです。

糖質が太る原因になるメカニズム

糖質は太ると言われる栄養素ですが、そもそも何故太ると言われているのでしょうか。
糖質は体のエネルギー源の一つです。ところが食べた量に対してエネルギーとして消費される量が少ないとこれらのエネルギーは余って行き場を失くしてしまいます。すると糖質は脂肪に変化し体内に貯蓄されてしまいます。これが糖質は太ると言われる理由です。
では糖質を減らすとどうなるかというと、食事から得られるエネルギーが不足すると貯蓄していた脂肪をエネルギーとして使用するようになります。つまり痩せるわけです。

糖質にしか出来ない重要な役割

このようにメカニズムを知ると糖質をカットした方が良いのではないかという考えになるかもしれません。ところが糖質には他の成分では代用出来ない重要な役割があります。それは脳のエネルギーです。
脳を働かせるのは糖質によるエネルギーだけになります。糖質が不足した状態が続くと物忘れが激しくなったり、思考力が低下するといった事が懸念されているのです。

糖質の替わりに肉類を多くするのは危険!

糖質カットダイエットでは替わりに肉類を多く摂る人も多いようです。しかし肉類を摂り過ぎると生活習慣病の発症率が高くなり、体臭が強くなる傾向にあります。肉類は消化が良く栄養価の高い食べ物ですが摂り過ぎには注意しなければなりません。

実は検証不足の危険なダイエット!?

糖質カットダイエットを実践し、健康状態に問題はないとしている人は多くいます。しかし長期的に実践した時の体への影響については十分な検証が行われていないのが現状です。つまり、まだ良いとも悪いとも言い切れないのです。良い面ばかりに捉われて長期的に行うのは危険な面があるのです。

糖質カットダイエットをするなら短期決戦で

今までにも様々なダイエット方法が登場しましたが、どれも最終的にはバランスの良い食事をベースにすることが基本となっています。極端なダイエット方法を行うならば短期であることが大前提なのです。どんなにスタイルが良くても健康でなければ意味がないという事を忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です