摂り方によってはダイエットの味方!油脂を摂って痩せる!?

「アブラ=ダイエットの大敵」と認識されています。油脂がダイエットの大敵とされる理由として、脂肪は1gあたりのカロリーが9kcalと高いことがあげられます。しかし油脂にも、身体に良い油と悪い油があるので、それらを理解した上で摂取すると、ダイエットの強い味方になってくれます。

○ダイエット中に避けたいアブラ
⑴トランス脂肪酸
マーガリンやショートニングなどに多く含まれるもの。スナック菓子やファーストフードなどはトランス脂肪酸の塊です。トランス脂肪酸はホルモンバランスに異常をきたしたり、肥満の原因になります。

⑵飽和脂肪酸
肉や乳製品、バターやラードなどに多く含まれるもの。常温で固体の状態にあります。お肉の脂身をイメージするとわかりやすいです。飽和脂肪酸は体内で、血管壁に付着しやすく、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やして、動脈硬化の原因になります。

⑶オメガ6脂肪酸
オメガ6は必須脂肪酸の1つに分類されますが、揚げ物などで使用されるサラダ油や加工食品に多く使われる油におおく含まれています。ほとんどの食品に含まれているため、簡単に過剰摂取になります。

○ダイエット中に積極的に摂りたいアブラ
⑴オメガ3脂肪酸
必須脂肪酸の1つであるオメガ3。鯖や鮭、秋刀魚などの青魚やエゴマ油などに多く含まれています。「魚油」は常温では液体の状態。体内で固まりにくく、貯められにくい油になります。血液をサラサラにしたり、抗炎症作用などの効果があります。酸化しやすいため、できれば調理したら時間をおかずに食べること、また生の状態で食べることが望ましいです。

⑵オメガ9脂肪酸
必須脂肪酸の1つであるオメガ9。これはオリーブオイルやアーモンドに多く含まれています。動脈硬化などの生活習慣病を予防したり、美肌効果、悪玉コレステロールを減らすなどの働きがあります。ナッツは手軽に食べられるので、小腹が空いた時に間食として摂るのはいかがでしょう?ただし、スーパーのお菓子コーナーで売ってるナッツは塩を油で炒めてあるため食べない方がいいです。ナッツを取り入れる場合は、塩と油でローストしていない、素のままのものがベスト。原材料をチェックしましょう。

○最後に
油脂は種類や摂り方によっては、味方にも敵にもなってしまいます。しかし、油脂を摂らなすぎると、肌荒れや乾燥、便秘などを引き起こす原因にもなるので、ダイエット中でも必要な栄養。良い油、悪い油をきちんと理解して、油脂も味方にダイエットを成功させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です