豆乳じゃダメ!?女性ホルモンを増やすための正しい方法

美肌やバストアップにと効果抜群の女性ホルモン。加齢と共に減少するものなので女性ホルモンに似た大豆イソフラボンを豆乳などから摂取する方法に注目が集まっていました。ところが豆乳を摂っても効果がないという話が出回っています。その信憑性と女性ホルモンを効率良く増やす方法について考えてゆきます。

豆乳では女性ホルモンが増えない!?

豆乳等に含まれる大豆イソフラボンは確かに女性ホルモンに似た働きを持っていますが、実はそのままでは女性ホルモンのような働きをしてはくれません。腸内でエクオールという物質に変化しなければ意味がないのです。しかもエクオールに変化させる事の出来る腸内細菌を保有しているのは日本人の2人に1人なのです。腸内細菌の種類は新たに増やすことは出来ないので、残念ながら豆乳で増やす方法は諦めるしかありません。

女性ホルモンを増やす理由

女性ホルモンは女性の生理リズムを司るだけでなく、美容面でも大きな役割を担っています。肌や髪を美しく整えてくれ、バストアップなどといった女性らしい体作りにも作用します。また女性の細く柔らかい声質も女性ホルモンの作用によるものです。豆乳では増やすことが出来ないと言われても、そう簡単に諦めきれるようなものではありません。

女性ホルモンを増やす方法

実は女性ホルモンを増やす方法は他にもあります。可能性50%の豆乳に望みをかけるよりは確実な方法を選んではいかがでしょうか。

一番手軽な方法は恋愛をすることです。彼氏が出来たら急に綺麗になった女友達はいませんか!?それは女性ホルモンの働きなのです。身近な所にステキな男性がいない時はアイドルや俳優といった芸能人やアニメなどの架空の人物でも同じ効果を得ることが出来ます。要するに誰かに恋する気持ちがあればいいのです。

アロマも効果的です。特に決まった香りはないので自分の好きなアロマを焚いたり、好き花を飾ったりするのでも良いでしょう。ただあまり強い香りは匂いによる刺激を慢性的なものにしてしまうので気を付けてください。

豆乳だって大事な栄養

当然ながら豆乳等の効果が全くないわけではありません。2人に1人は豆乳によって女性ホルモンを増やすことが可能です。また良質なタンパク質を摂ることが出来るという意味でも積極的に摂取して良いでしょう。豆乳の他にも女性ホルモンに働きかける事の出来る食材はあるので、バランスの良い食事を摂りながら体内バランスを整えてゆく事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です