万能トマトソースを仕込んで、1年中美肌に! ダイエットに活用しませんか?

トマトは、旬をむかえています。トマトが色づくと、医者が青くなる。といわれるほど、美容と健康によい野菜ですが、サラダやジュースにするほかにも色々な食べ方があるのです。

トマトにふくまれるリコピンは、老化の原因になる細胞の酸化をふせぎながら、肌や身体をみずみずしくととのえる作用があるといわれています。
そのリコピンを有効に摂取するためには、生でいただくよりも、加熱するのがオススメ。

トマトソースを、常備しましょう! 

1年中トマトを、いただくためには?

いま最盛期をむかえているトマトですが、寒い季節にもおいしく食べるために、保存しておきたいものです。

といっても、もちろん1つまるごと残しておくのは不可能ですよね。
ですが、鍋で煮詰めて〈トマトソース〉にしておくと、場所もとらないですし、さまざまなアレンジ方法で楽しむことができますよ。

トマトソースの、アレンジ方法とは? 

FCFG100111104_TP_V[1]
トマトソースは、万能食材です。
ひき肉を加えて炒めると、ミート・スパゲッティーになりますし、それを、卵でくるめば、オムレツにも早がわりします。

また、トマトソースのなかに、エリンギや、しめじ、えのきだけなどのきのこ類を追加したスープは、おなかの大掃除に最適。そのうえ、消化がよいので、夜食にいただいても太る原因になりません!

そして、トマトソースは、リゾットにしたり、サンドイッチにしても相性がバツグンですから。

このように、アレンジ次第では、1年中OKだという、なんともうれしい食材。

トマトソースの、作り方とは? 

さて、このように万能なトマトソースですが、誰でも簡単に作ることができます。

ミキサーで攪拌すると、口当たりがなめらかになりますが、多少ならば皮が残っていてもよいというのであれば、皮付きのままトマトを乱切りにして鍋に入れて、煮詰めるだけです。

火にかけると、トマトの水分が出てきます。形が残らずペースト状になれば完成です。
調味料は、加えなくても、のちに料理するときに追加するとよいでしょう。
冷ました状態で、密閉して冷凍すれば半年ほどもちますよ!