ファッションを味方につけて、ダイエットを成功させよう!

「痩せたらあの服着よう」とか「痩せたらこんなオシャレをしよう」とか思ったことはありませんか?また、自分の体型に自信がないと、着たい服より体型をカバーする服をしてしまったりしていないでしょうか?これは実はもったいない習慣。ファッションを味方につけて、ダイエットが出来たら良いですよね?今回はファッションとダイエットについて少しだけご紹介したいと思います。

「気になるところを隠す」を辞める!

自分の体型に自信がないと、体型を隠すゆったりとした服装を選んでしまいがちになります。しかし、身体のラインを隠す服装をしていると、太ったことに気づきにくくなってしまったり、姿勢を気にしなくなります。服がキツくなったからとサイズを上げてもNG!服のサイズを大きくすることで、身体もその服のサイズに合わせて大きくなってしまいます。ゆったりとした服装をしている方は、今日から卒業しましょう!痩せたら着たい服はなんでしょうか?その服を思い切って購入し、何としてでも痩せなければならない状況を自ら作りましょう!そうすることでダイエットに対するモチベーションが一気に上がるはずです。

ジャストサイズの服を着る!

ダイエットに成功し、理想の体型を手に入れたら、その身体にピッタリ合う服を購入しましょう。少しでもボディラインが崩れたり、太ってしまった時に、その服が「太った」ということを教えてくれます。また、太っていた時に着ていた服は、痩せたら思い切って捨てましょう。「もう太れない」という状況を作り出すことで、リバウンドの可能性を低くすることができます。スキニーパンツでも、ピタッとするブラウスでも、自分が「ステキ!」「痩せたら着たい!」って思う服を購入し、それをダイエットの基準にすることをお勧めします。

服から手をつけづらい人は、小物や他のものから手をつける!

「どうしても服に手を出すのには勇気が…」「ちょっと抵抗がある」という方は、小物や他のことでまずは美意識を高めてみましょう。
ピアスホールを開けている方であれば、ピアスを毎日つけてみたり、髪型を変えてみたり、あるいは外出しなくてもメイクをして過ごしたりなどです。「どんな意味があるの?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、オシャレをすると「いつもと違う自分」になった気分になります。普段は猫背でダラダラ食事をしていたとしても、メイクをしてピアスをつけた自分だったら、無意識のうちに上品に食べるのではないでしょうか?白い服を着ると、こぼさないように意識することができます。ハイヒールを履くと、脚を開いて歩いたり、座ったりすることはないと思います。直接「痩せる」ということには繋がらなくても、痩せるための行動付けとして、利用できます。

いかがでしたか?ダイエットは食事や運動だけではありません。オシャレなどの外見からアプローチすることで美意識を高め、それをダイエットに結びつけていけたら最高ですね!