年齢を味方につける【本物】パワーを!!

オトナの女性だからこそ、ぜひ、本物を身につけてほしいとおもいます。
毛皮、ジュエリー、あこがれのブランドのバッグなど、若い子が持っていても「へえー」とはおもっても、「ステキ!」とは、なかなか感心されません。

しかし、ある一定の年齢になってくると、なぜか、ふしぎなほど似合うようになってきますし、それらの高級メゾンや天然もののパワーを借りることによって、肌のおとろえや、輪郭のゆるみ、体型の崩れをカムフラージュすることができるのですから!!

シワのある手よりも、ジュエリーを見て!

本物の輝きが似合うのは、オトナだからこそ

シワやしみなど、オトナになれば、できればおつきあいしたくないようなお肌の悩みが増えてきますよね。
もちろん、美容医学も発達してきましたから、ある程度は、修復していくことはできます。

とはいえ、かなしいかな、やっぱり、少しずつすこしずつ時間は進んでいるのですね。
でも、それは悪いことばかりではありません。
なぜかといえば、これまでは、まったく似合わなかったファッションやジュエリーがさまになるときがきたのですから!!

小娘ならば、スタイルが良くても着こなせないものを、経験をつむことで得た貫禄や知性で着こなせるときがきたのですから!!

ジュエリーの輝きを

ジュエリーは、ただ美しいだけではありません。
つける人のオーラや輝きを、より増幅させる効果があるのです。
年配の女性が、真赤なマニキュアをして、大粒のジュエリーの指輪をしている人がいます。

あれは、もちろん、ジュエリーそのものの美しさに魅了されてチョイスしたものだとおもいます。でも、それだけではありません。
シワやシミ、たるみなど、年輪が刻まれた手や関節よりも、「この美しいジュエリーの輝きをもっと見てね」というメッセージがこめられているのです。
日々のハンドケアも大切ですが、このように、年齢を味方につける装いを研究してみるのもたのしいかもしれませんよ!!