睡眠時間を確保するには?

睡眠不足は、お肌への大敵。眠っている間にお肌は作られるため、寝不足がつづくとお肌もどんどん疲れてきてしまいます。
そうはわかっていても、なかなか眠る時間がとれない…。そんなあなた、ちょっとしたムダを省いてみませんか?

睡眠時間確保のためのワザ

ごはんは週末に作り置き

毎日献立を考え、食材を買い、調理をして、片付けをして…。これだけでも、かなりの時間になりますよね。
そんなあなたにオススメなのは、作り置き。お休みの日にまとめて1週間分の献立を決めてしまい、下ごしらえまで済ませておくのです。
お仕事の日は、帰宅したら火を通すだけ、お皿に盛り付けるだけ。これだけでかなり平日夜の時間がとれますよ。
また、帰宅時にスーパーやコンビニによると、ついコーヒーやお菓子など買ってしまいがち。仕事おわりで家に直帰するだけで、お金も時間も節約できちゃいますね。

意味もなくテレビをつけない

帰宅したらとりあえずテレビ、という人、いませんか?
特に一人暮らしだと、部屋が無音だとさみしいからと、ついテレビをつけてしまいがち。
だけどテレビをつけていると、ごはんを食べ終えてもそのまま動けなくなってしまったり、お風呂に入るタイミングを逃してしまいがち。
みたい番組があるときはいいけれど、なんとなくでつけているバラエティはすぐに消して。自分のための時間を有効に使いましょう。

ベッドに入ったらスマホは見ない

ベッドに入って、ついだらだらとSNSを眺めたり、タブレットで動画を見たり…。この時間が至福!という気持ちはとてもわかります。
しかし、ベッドは本来眠る場所。そこで活動してしまうと、眠るスイッチが入りにくくなってしまい、結果夜更かししてしまうことに。
ベッドに入ったらすぐに電気を消して、眠るモードへと移行するようにしましょう。

おわりに

1日が24時間なのは、どんな人でも変わりません。24時間をうまく使い、7時間睡眠が毎日たっぷりとれるように、ムダはどんどん省いていきたいですね。