飲んでキレイに!日本人なら三年番茶を飲もう。

夏もすぐそこ!

とはいえ、梅雨の時期はまだ肌寒かったり、

夏でも冷房で体が冷えていることはありませんか?

そんな時におすすめなのが”三年番茶”です。

dyui066

三年番茶って何?

マクロビオティックを学んだことがある方や、マクロビレストランに訪れたことがある方は聞いたことがあると思います。
三年番茶とは、緑茶の一種。
しかし、一般的な番茶とは製造方法が異なります。

一般的な番茶は緑茶の新芽を摘み取り、乾煎りしてそれをお茶にします。
一方で三年番茶は新芽ではなくその下の歯や茎の部分を使います。
さらにそれを天日に干し、三年醸造させ、その後焙煎させて出来上がります。
とても手間暇がかかっていますよね。

三年番茶はカフェインも気にせずOK

お茶と聞いてきになるのはカフェインでしょうか?
コーヒー紅茶に含まれるカフェイン、玉露にはコーヒー以上のカフェインが含まれると言われています。
しかしこの三年番茶は三年間醸造している間にカフェインやタンニンは抜けてしまうのです。
妊婦さんや小さなお子様と一緒でも安心していただけますね。
とてもまろやかなお味なので、夜寝る前に飲むのもおすすめです。

体を温める効果

コーヒーや紅茶、冷たい飲み物など、
よく私たちが口にする飲み物は体を”冷やす”飲み物が多いです。

冷えは美容の大敵!!
体が冷えてしまうと冷え性や低体温など不調が出てくるだけでなく、
代謝も下がり、脂肪が燃えにくい体になってしまいます。

三年番茶には、体を温める作用があります。
少し冷えを感じた時には、ぜひ温かい三年番茶を飲んでみましょう。

デトックス効果

三年番茶は三年間醸造している間に醗酵が進み、腸内環境を整えてくれます。
体の余分な物を排出してくれたり、便秘にも効果が期待できます。

また、デトックスだけでなく、消化、吸収を助ける効果もあるのだとか。

やかんで煮出すのがおすすめ

とてもシンプルですが、やかんで煮出して飲むとまろやかでとても美味しい三年番茶が味わえます。
急須で入れるのも良いですが、水1Lに対して茶葉を15g入れ、弱火で15分ほど煮出した三年番茶は絶品!
少し冷えてるかな?と感じるときも、すぐに体がポカポカと温まるのを感じます。

コールドプレスジュース、ルイボスティー、コーヒーなど、
海外から来たものが今流行ですが、
日本に昔から伝わる”お茶”ぜひ、毎日の生活に取り入れてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。