今シーズンは、太い眉毛が再来?!

メイクの流行はくりかえされます。
とくに、顔の印象を大きく左右する眉毛は、わすかなニュアンスのちがいで、だいぶイメージがことなるもの。

数年前まで、細めのアーチ眉や、中国画のような、薄く女性らしい眉毛が流行っていました。
ところが、このところ、モデルや女優さんのメイクを見ていると、太く短めの眉が再来していることがわかりました。
太眉の魅力と作り方を紹介します!!

ナチュラル眉と太眉は同じ? 

まず太眉の魅力とは? 

太い眉にすると、男っぽい顔立ちになりそうで・・・という声をよく聞きます。
たしかに、薄めの細眉にくらべて、骨格を強調したり、顔の印象が強くなるのは事実。
yuka20160818555614-thumb-autox1600-258341
ただ、逆の言い方をすると、太い眉毛に整えることで、フレッシュな生命力があふれる顔になれるのです。
つまり、あえて男っぽい眉にすることによって、少年っぽい魅力と、女性らしさがミックスした新しい女性像を演出することが可能なのですね。

自然な印象に

それでは、太い眉にするためには、どのようにすればよいのでしょうか?
現在、細く薄い眉毛にしている場合、自然に太くなるまで待つのは、かなり辛抱がいることですし。

まず、自分の眉を生かしながら、眉の下側つまり眼の上の部分から描きたすと失敗が少なく、天然の太眉のナチュラルさを得ることができますよ。

まずは、ペンシル(6B鉛筆でも可能)で輪郭を整えましょう。
次に、少し鏡から離れて、顔全体のバランスを確認しながら、泡い色みのシャドーで、ふんわりとふんわりと描きたしていくと、キレイですよ。

いくら太い眉が再来しているといっても、濃すぎるのはNGですから。
あくまで、明るめのブラウンや、薄めのグレーなどを用いて、くっきりとしすぎないように注意しましょう。

もともとの眉がしっかりとしていて、描くと濃くなりすぎるときには、ゴールド系の眉マスカラで毛流れを整えながら、ふんわり感を上手にキープしていくと、あくまで今シーズンらしい顔になれますから。