洗顔方法に自信が無い人必見!手ぬぐい洗顔で肌負担を軽減!

美肌になるためには毎日の洗顔がとても重要です。しかし優しく洗うという事が実践出来なかったり、角栓が気になって押し出ししまう人などもいたりします。雑誌やネットで正しい方法を調べても感覚的にわからないという人もいるようです。そんな洗顔方法に自信のない人は手ぬぐい洗顔を取り入れて見てはいかがでしょうか。肌への負担が少ないのに驚く程の洗浄力があるからです。

昔ながらの手ぬぐいが良い理由

手ぬぐいは江戸時代に広く浸透したようですが、それよりもかなり前から使われていました。細く丁寧に織り込まれた繊維は密度が高いにも関わらずしなやかさを持っています。この特長が肌に負担をかける事なく汚れを絡め取ってくれるのです。
また手ぬぐいを利用して作る石鹸の泡はキメが細かく肌によく馴染みます。

用意するのは手ぬぐいと石鹸

手ぬぐい洗顔に必要な物は手ぬぐいと石鹸だけです。ただし手ぬぐいは使用する前によく手洗いしておきましょう。新品の場合は糊が効いている場合があります。また染料が残っている事もあります。色落ちしなくなるまで十分に洗い流すか、無地のシンプルな手ぬぐいを用意するようにしてください。

手ぬぐい洗顔の方法

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_s
アイメイクをバッチリしている場合、目元だけは専用のメイク落としを使用します。しかし基本的にはメイクオフは不要です。ぬるま湯で軽く絞った手ぬぐいで軽く撫でる、これで大まかなアイメイクを落とす事が出来ます。
次に手ぬぐいで石鹸を泡立てます。泡がたったら指先に軽く巻きつけるようにし、クルクルと全体を優しく撫でてゆきます。
最後はぬるま湯を顔に乗せるようにしながらすすぎます。すすぎは念入りに行ってください。

使ったらすぐに洗って乾かす

手ぬぐいは使う度にしっかり洗ってすぐに干しておきましょう。すぐに洗って乾かせば雑菌が繁殖する事なく清潔な状態をキープすることが出来ます。洗濯機を使わずにその場で手洗いするのがポイントです。

洗顔後の保湿も忘れずに

手ぬぐい洗顔後は保湿も忘れずに行ってください。手ぬぐい洗顔の効果を最大限に活かすためには保湿が重要だからです。たっぷりの化粧水と乳液、これを洗顔直後にすぐ行う事で効果が随分と変わってゆきます。

日本の伝統文化が肌の再生に一役

様々な場面で見直され始めている日本の伝統文化ですが、手ぬぐい洗顔ならば伝統文化の素晴らしさとその効果の両方を楽しむ事が出来ます。しかも使い続ける事で肌が本来の姿に再生されてゆきます。5歳若返る事も夢ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です