炭水化物を食べて痩せる!?TVでも紹介された注目のダイエット法

日が長くなり、夏を意識し始めた人も多いのではないでしょうか。薄着の季節がくる前に、冬の間にたるんだ身体をシェイプアップしようと考える機会も増えるはずです。
ダイエットといえば食事、運動などが挙げられますが、食事の中でも「炭水化物を抜く」という方法を選ぶ人が多いように感じます。でもこれ、お米が大好きな日本人にとっては、つらく、つづかないことも…。

実は、炭水化物を食べつづけても痩せられる方法があるんです!

おかゆダイエットってなに?

やり方は簡単、白米をおかゆに変えるだけ。たったそれだけなのに、短期間でも効果を発揮します。ではどうしておかゆを食べると痩せるのでしょうか。

自然とカロリーオフ

まず思い出していただきたいのが、作り方。お茶碗一杯のお米でおかゆを作ったら、びっくりするほど大量にできてしまったという経験ありませんか?おかゆにすることでお米の一粒一粒が水分を吸うため、少量でも十分な量が作れてしまうのです。つまり、少量のお米でも満腹感が得られるため、結果的に摂取するお米の量も減り、簡単にカロリーオフできます。

効率よく代謝アップ

おかゆは消化にいい食べ物です。食べつづけることで、吸収・排出のサイクルが早くなり、腸内が大掃除されます。結果、体重が落ちるということ。

おかゆの食べ方

3食すべておかゆにするのが一番効果が早いですが、つづけられそうにない…という人は1日1、2食から始めましょう。摂取カロリーを抑えたい夜をおかゆにするのがおすすめ。味に飽きてきたら、出汁で炊いたり、中華スープの素で味付けしたり、野菜やたんぱく質をトッピングするなどアレンジを効かせて。
もちろん、食べれば食べるだけ痩せるものではありません。食べすぎれば意味がありませんので、腹八分目までというダイエットの基本ルールは守りましょう。

おわりに

炭水化物は身体の大切なエネルギー源です。これを完全に断った上で運動などを行っても、効率よく痩せることはできません。必要なエネルギーはしっかり摂取し、健康的にリバウンドなくスリムになりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です