知っておきたい!賢い紫外線対策のサングラスの選び方

1年中降り注ぐ紫外線。日焼けをするのは肌だけではありません。目の日焼けも注意しなければなりません。角膜が紫外線を吸収すると、脳にメラニン色素を作るように指令を出すため肌も日焼けに繋がるのです。そんな時必需品といえばサングラス。しかし、選び方ににポイントがあるのをご存知でしょうか。早速見ていきましょう。

サングラスの色は何色がいいの?

黒目の中心を瞳孔と言いますが、瞳孔は暗い場所(色の濃いサングラス)だと光を取り込もうとします。明るいところでは瞳孔は小さくなって光を遮ろうとします。ですから、色だけで言うならば黒よりも、薄い色のサングラスや無色のメガネが良いのです。色の濃さは紫外線対策には関係がありません。紫外線対策においては別の要素が必要なのです。

紫外線カットの性能をチェックしよう

サングラスを選ぶときに確認したいのは、こちらの3つです。表記が統一されていれば良いのですが、現在では自分で確認して選ぶ必要性があります。

①紫外線カット②紫外線透過率③UV400

紫外線透過率0.1%以下とは、99.9%紫外線をカットできるという意味です。選ぶときには紫外線透過率1%未満のものをおすすめします。紫外線カット率で言うのならば数値の大きい方がいいのは当然ですよね。99%以上のものを選ぶようにしましょう。

UV400というのは3つの中で一番厳しい規格です。紫外線には大きく分けて3つあり、それぞれ異なった波長の種類があります。UV-A=320~400nm UV-B=280~400nm,UV-C=280以下。その中でも有害で一番波長の長いUV-Aは真皮にまで作用し真皮内の繊維質を変性させ、しわ・たるみの原因になるものです。UV400は、一番長い波長400以下の紫外線を遮断します!という表示なのです。

サングラスの形状は?

フレームやレンズ自体が大きく、下も広めのものが紫外線対策には効率的です。360度紫外線が差し込んで来ることや、下からの照り返しで目に届くことを防ぎやすいからです。

海外ブランドのサングラスは、ファッション性だけでなく高機能なものも多くあります。自分に似合うサングラスを選ぶときには正しい知識を持って選びたいものですね。是非、お肌の日焼け止めだけでなく、目の紫外線対策も忘れずにして夏のレジャーやお出かけを楽しみましょう。