うっかり日焼けレスキュー!効果的なケアとは?

まだ寒さは残りますが、3月〜4月になると、服装も春めいてきますよね。ただ、気分はまだ冬。その状態のままお出かけしてしまうと、ついうっかり日焼けしちゃった!なんてことも。そうなった場合、すぐに実践したいお手入れについてご紹介します。

うっかり日焼けお手入れ法

すぐに冷やす

日焼けはやけどと同じ状態。まずはなにより、冷却する必要があります。
ここで大切なのは、氷や保冷剤など冷たいものをそのままお肌にのせないこと。もちろん急激に冷えますが、直接の氷はお肌に刺激が強すぎますし、日焼けの跡が残りやすくなってしまうことも。安易にやってしまいがちですが、必ずタオルで巻いてから行うようにしましょう。

ビタミンCで美白を

ビタミンCが配合された化粧水、美容液などを塗り、日焼けがシミとして残らぬよう急速美白を。
日焼けした部位がボディの場合、ボディ用を使ってももちろん良いですが、ここは贅沢にフェイス用を使ってみても○。
お安いフェイス用ビタミンC化粧水をばしゃばしゃ塗り、美白&ひんやり効果で沈静化を。

シートマスクでしっかり保湿

最後に大切なのは、保湿。日焼けした部分は乾燥しており、これをそのまま放置するとさらなるお肌の老化が加速します。
フェイス用のシートマスクを、日焼けした部位に貼り付けて。大きすぎる場合は切り貼りして、あまった部分はフェイスなどに活用を。
日焼けした当日だけ行うのではなく、日焼けした最初の3日間が重要となります。ただし、お肌のターンオーバーである28日間はしっかりつづけて。見た目の赤みが引いても、お肌の中はメラニンが増えている可能性が。諦めず根気よくつづけて。

おわりに

日焼けは美肌への大敵。そうならないためにも、1年通した徹底的な日焼け止めの塗布が肝心です。
でも、うっかり日焼けしてしまったからといってすべてがおわりではありません。しっかりレスキューして、美肌を取り戻しましょう!