夏の暑さと夏のむくみを改善!旬の夏野菜を使ってスッキリさせよう!

毎日暑い日が続いておりますが、みなさんは元気にお過ごしでしょうか?暑さに負けそうになったり、すでに夏バテになってしまった方など、さまざまだとは思いますが、まだまだ夏本番ですね。
暑い夏は、汗を掻くことで体内の水分バランスがくずれ、むくみを引き起こしたり、体内に熱がこもってしまうこともあることでしょう。そんな身体のちょっとした不調を少しだけ軽減させる方法を今回はご紹介したいと思います。

むくみの原因

むくみとは、本来であれば体外に排出されるべきである余分な水分が、さまざまな原因で細胞と細胞の間にたまってしまうことで引き起こされます。原因としては、立ちっぱなしや座りっぱなし、塩分や糖分の摂りすぎ、冷え・血行不良、運動不足など。
「むくみを改善させるためには水分補給!」ということをよく耳にしますが、水分は摂りすぎても摂らなさすぎてもむくみにつながります。また摂りすぎてしまうことで、腎臓にも負担がかかるはめになります。

旬の夏野菜を利用して夏を乗り切る!

ナスやキュウリ、トマト、スイカなどの夏野菜は、暑い夏に旬をむかえますね。気温が高い夏に採れる夏野菜は、体を冷やしてくれる作用があります。逆に気温が低い冬に採れる野菜は、体を温める作用があります。冷え性の方は、夏野菜食べ過ぎるとさらに冷えを招くので、注意が必要ですが、体に熱がこもっているのを感じる夏は、夏野菜を生の状態で食べると、スッキリするでしょう。また、ナス・キュウリ・スイカなどには、水分が豊富!そしてカリウムというミネラルも含まれています。カリウムは体内のナトリウムと結合して、余分な水分を体外に排出してくれますので、むくみを改善するにも最適です。

いかがでしたか?今の時期に旬な夏野菜を利用して、夏の暑さと、夏のむくみを少しでもスッキリさせることができたらいいですよね!ぜひ参考にしてみてください。