いつまで夏気分?さっぱりケアをやめるタイミングとは?

よほどの乾燥肌の人でないかぎり、夏の間はさっぱりとしたテクスチャのスキンケアに移行されると思います。ただでさえ暑い季節、べたべたしたもので肌を覆いたくはありませんよね。でもそのさっぱりケア、いつまで続けるのが正解か知っていますか?

さっぱりケアをつづけると

毎日が手抜きケア

塗り重ねることでべたべたが増してしまうため、化粧水と乳液でおしまい、なんてケアの人もいるはず。ジェル状のオールインワン1本で、またはミスト状化粧水で終了、なんて時短ケアの人もいるかも。それが当たり前になってしまうと、あなたがお肌を意識する時間がどんどん減ってしまい、お肌のささいな変化に気づかなくなってしまうことが。

次第に乾燥肌へ

しっとりを避けるお手入れを続けると、お肌状態はたしかに快適です。しかし、家でも外でもクーラーを浴びている人は要注意。クーラーで肌が乾燥しているのに、お手入れはさっぱりオンリー、なんてことになると、保湿がまったく足りず毛穴がぱっくり開いてしまいます。ファンデがどうも毛穴落ちする、という人はさっぱりしすぎている可能性が。

スキンケアが面倒になる

真冬に比べ、スキンケアステップが大幅に減ると、涼しくなってきてもアイテム数を増やすのが億劫になってしまいます。少ないアイテムでスキンケアできるのが一番理想ではありますが、本当に必要なアイテムまで削ってしまっては意味がありません。

秋冬の新ライン発売時期を目安に

スキンケアブランドは夏の時期に、秋冬用スキンケアの新商品を発売します。この時期が、お手入れ見直しのサイン。まだまだ暑いから、と思っていると、あっという間に秋になってしまいます。お肌が乾燥してからの見直しは遅すぎるため、季節の変わる前にアイテム選びを始めておきましょう。

おわりに

季節が夏とはいえ、涼しい気候の日もあれば、お肌が疲れた日もありますよね。この季節だからこのスキンケア、と決めつけてしまわず、日々自分のお肌と相談しながらお手入れしていきましょう。