甘い物がやめられない原因!シュガーホリックとは?

ダイエット中なのに、甘い物が止められなかったり、甘い物を食べないとイライラしてしまう方はいらっしゃいませんか?甘い物やお菓子を我慢してるけど、ついつい食べてしまって自己嫌悪に陥ったりすることもあるでしょう。甘い物が止められない、食べないとイライラするという方は、もしかしたら「シュガーホリック」になっているかもしれません。今回は、シュガーホリックについて少しだけご紹介したいと思います。

シュガーホリックとは?

「シュガーホリック」とは別名「砂糖中毒」といいます。砂糖は糖分です。糖類は単糖類と多糖類の2つがあり、単糖類は食べてすぐに甘いと感じる、チョコや砂糖、お菓子などのもの。多糖類はお米や麺などの主食になります。糖分は快感を促す「ドーパミン」や落ち着いた気分にさせる「セロトニン」というホルモンの分泌を促進させます。甘い物を食べると、その瞬間はホッとするのはこのためです。
食べてすぐに甘いと感じる単糖類は、急激な血糖値の上昇を招きますが、上昇した血糖値を下げるためにインスリンがたくさん分泌され、急激に血糖値が下がります。この時、脳は「空腹」と勘違いしてしまい、再度糖分を求める結果になります。そしてこの血糖値の急激な上昇と下降がイライラを引き起こす原因となるのです。

シュガーホリックへの対処法

シュガーホリックでもきちんと対処していくことで、改善されていきます。甘い物が食べたくなった時や、なんとなく口淋しくなった時は、フレーバーティーを飲んでみたり、果物を食べてみたりしましょう。また、よく噛むことで食事のスピードが遅くなれば、糖類の吸収も緩やかになり、血糖値の急上昇を防ぐこともできます。

いかがでしたか?甘い物が止められないという方は、もしかしたらシュガーホリックになっているかもしれません。少しずつ改善できていけたら良いですよね。ぜひ参考にしてみてください!