働き女子に急増中!ストレートネック

パソコンやスマートフォンなど、長時間画面をのぞき込むことで首の骨の自然な湾曲がなくなる「ストレートネック女子」が急増中。首の骨(頸椎)は本来、やや前に湾曲しているもの。しかし、これが直線状になる状態がストレートネックなのです。ひどくなると、寝ていても目覚めるような痛みや肩こり、頭痛、めまい、吐き気、ドライアイなどの原因になることもあるのです。そうならない為にも、原因と解決方法を知っておきましょう。

原因は前かがみ姿勢・猫背

スマートフォンを使うと知らず知らずのうちに、首が前傾します。つまり、ストレートネックが増強され、肩が上がる姿勢になるのだとか。人の頭部の重さは成人の体重比で約10%と言われています。つまり体重50kgの場合5kgとなります。本来、この頭の重さは頸椎の湾曲によって首にかかる負荷が緩和されるのです。しかし、ストレートネックの場合、頭を前に突き出した姿勢になるため、首の筋肉への負担がかり過剰な緊張状態で頭を支えることになります。それが、肩こりや首の痛みなどを引き起こし始めるのです。

特に、女性は首が細いため疲労が蓄積しやすいのだそうです。

 

ストレートネック解消法

①首反らし運動・・・頚椎を本来ある角度に戻すように癖をつけるための運動。気づいたときに、できる簡単な運動でおすすめ!まるで整体でやってもらうようなすっきり感が手軽にできちゃいます。

1.姿勢を正して、顎を引きます。
2.そのまま、顎に両手を添えて首を後ろに反らしていきます。
3.顔は天井に向けてキープしたら終わり。

②バスタオル枕を首の下に置いて就寝・・・寝ている時間を有効に使って出来る解消法は、ありがたいものですよね。

  1. バスタオルを縦(長い方)に2つ折り
  2. 今度は横(短い方)に2つ折り
  3. クルクル巻いていく(なるべく硬く)
  4. 両端をひもやバンドなどで固定する

③胸反らし運動

1.立ったまま、後ろで手を組みます。
2.息を大きく吸って、肩甲骨を付けるような感じで胸を反らします。同時に顔を上げ首も後ろに反らします。
3.息をゆっくり吐きながら、戻します。これを5回程度繰り返します。

ストレートネックは、日々の積み重ねによって出来上がってしまうもの。習慣には習慣でアプローチしていくのが一番です。長時間するほど効果があるので寝る時を有効に使って直していけたらいいですよね。このほかにもテニスボールを使ったストレッチ方法などもあるようです。自分のやりやすい方法で、是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です