ポッコリお腹解消の近道!姿勢を正してペタンコ腹を手に入れよう!

人がダイエットを決意するきっかけには、体重が増えたとか、服のサイズが大きくなったなどなど、様々なきっかけがありますね。そのきっかけの1つに、「ポッコリお腹」というのも挙げられます。さて、このポッコリお腹を解消するのに、みなさんはどのような行動を取りますか?今回はポッコリお腹の解消方法についてご紹介したいと思います。

○ポッコリお腹解消に腹筋運動は効果なし!?
「ポッコリお腹の解消には腹筋運動!」と、ジムや自宅で腹筋をせっせと行なっていませんか?ポッコリお腹だけでなく、たるんだ二の腕には腕立て伏せだったり、部分痩せのために筋トレをする方もいらっしゃることでしょう。しかし筋トレだけでは、「特定の部位」の皮下脂肪だけを燃やす効果は期待できないのです。皮下脂肪の燃焼に関しては、簡単に説明すると、体内で神経やホルモン、酵素、血液などを介して全身で平等に行われます。そのため、ある特定の部位の皮下脂肪だけがズバ抜けて燃焼されるということはないのです。
(*ただし「部分太りの予防」や「引き締め効果」には有効になります。)

○ポッコリお腹解消の近道は、姿勢の改善!
お腹が出ること、またはお腹が凹むことに関して、4つの要素があります。
⑴皮下脂肪
⑵内臓脂肪
⑶内臓の位置
⑷姿勢
注目したいのは、⑷です。ポッコリお腹を簡単に解消するためには、姿勢の改善がポイントとなります。
猫背気味の方はいらっしゃいませんか?猫背は腹部の筋肉や皮下脂肪が上から折りたたまれており、さらに内臓が圧迫されているような状態です。見た目の腹部のサイズがアップし、血流にも悪そうなのはイメージがつくでしょうか?

○姿勢の正し方
それでは実際に、姿勢の正し方をご紹介します。
姿勢を正す時は、単に背筋を伸ばすだけでなく、深呼吸をしながら、思い切り伸びてください。天井に向かい、可能な限り腕を伸ばす、それを何回か繰り返したあと、耳たぶの後ろ・肩・大転子(太ももの骨の先端)・膝の横・外側のくるぶしを一直線になるように合わせてみましょう。これだけでお腹のサイズがダウンすることがあります。
また、この姿勢を取ることで筋肉が刺激され、代謝が上がるだけでなく、肩こりや腰痛の予防などにも効果があります。

いかがでしたか?姿勢を意識してポッコリお腹が解消されたら、つらい腹筋運動をしなくても済みます。最初はちょっと思いついた時に姿勢を正すことを意識してみてください!