クリーニング屋さんから戻ってきた洋服を、そのまま保管していませんか?

クリーニングから戻ってきた衣類、みなさんは、どのようにして保管していますか?
せっかくキレイになって返ってきたのだから、「もちろん、そのまましまっておく」という人が多いようです。
でも、かなしいかな。

ビニールがかかったままだと、実際のところ、洋服にとっては、いいことばかりではありません。
洋服の保存状態を万全にしておくためには、いくつかのコツがあるのです。

お気に入りの洋服を、長く愛用するためには

通気性

それでは、さっそくですが、なぜ、クリーニング屋さんから戻ってきた状態のまま、タンスにしまってはいけないのでしょうか?
それは、通気性が悪くなるかという理由からなのです。

ナイロンは、完璧に洋服を包んでいる反面、必要な空気も通さないため、かえってカビがはえやすくなることも考えられます。
防虫という面から見ると、完璧にコーデイングしてしまうのは、安全というイメージもありますが、それならば、不織布の洋服カバーや、専用の布製のスーツカバーをかけておけば充分なのです。

クリーニング屋さんから戻ってきたら

クリーニング屋さんでは、なぜ、意味のあるとはおもえない、ビニールのカバーをかけて、返しているのでしょうか?
それは、まず、せっかくきれいになった衣類に、ほこりがつかないようにするという目的があるからなのです。

また、会社の制服などは、「クリーニングをしてから返却」というルールがある場合も多く、「たしかに、お店でクリーニングしました」という証明も兼ねています。

だから、お店から戻ってきたら、まずビニールカバーをはずして、1日か、2日ほど、湿度の低い室内につるしてから、あらためて、不織布などのカバーをかけて、クローゼットにしまうのが正解なのですね。
知っているようですが、あまり知られていないことですが、ちょっとしたコツをおさえているだけでも、ずいぶんと、洋服の耐久性はちがってくるものです。
せっかく、気にって購入した洋服ならば、長いこと愛用したいものですよね。