【STOPドカ食い】ダイエット中の食欲と上手に付き合っていく方法

さぁ!今日からダイエット開始だ!と意気込んでもなかなか食欲に勝てなかったり、我慢が爆発してドカ食いしてしまい、リバウンド…なんてこと皆様おありではないでしょうか?ダイエット中に上手く付き合っていかなくてはいけないのがこの食欲。ついつい食べ過ぎてしまったり、体力勝負の仕事ゆえ食べてしまうこともありますよね。今回はそんなダイエットの天敵とも言える食欲と上手く付き合っていくための方法をご紹介いたします!

 

食欲と上手く付き合っていく方法

お腹が空いてしまう原因は全部で3つ。胃が空っぽ、血糖値が下がった、五感によるもの。今お腹が空いているのは何でだろうとしっかり把握して、誘惑に打ち勝ちましょう!

・炭酸水を飲む

胃が空っぽでお腹が空いて空いて仕方ない時は炭酸水を飲みましょう。炭酸水を飲むと自然と炭酸でお腹が膨れ、代謝も良くしてくれる効果があります。ダイエット中の強い味方になること間違いありませんね。必ず無糖0キロカロリーのものを選びましょう。普段お仕事が忙しい方もこまめに炭酸水を飲むだけでダイエット効果が期待できますよ。炭酸水について詳しい記事を以前にも書いたので、詳細はこちらからどうぞ。→最近話題のダイエットアイテム炭酸水の秘密

 

・手軽に食べられる物を買わない

五感によるものの防止となるのがこの方法。お菓子を手に届くところに置いていたり、ストックしている方は要注意です。ダイエット中でも買ってあるならばついつい食べてしまう、一口サイズのお菓子。この一口が食欲に歯車をかけるかもしれません。カロリーも高く、栄養素もないため自身の健康とダイエットのことを思えば手軽に買えるお菓子は買わない方が無難です。

 

・睡眠を十分にとる

有名なお話ですが、寝ている間に成長ホルモンが分泌されお肌や細胞の疲れを修復してくれますよね。これだけでも素晴らしい成長ホルモン、加えて脂肪燃焼作用もあるらしいのです。成長ホルモンは10時~3時までの間に一番分泌されやすいのでこのゴールデンタイムにしっかりと眠りたいですね。また、睡眠をとることでレプチンという物質が分泌されるのですが、このレプチンは満腹中枢を刺激してくれる作用があります。それとは逆に睡眠不足のストレス状態の際に分泌されるホルモンはコルチゾールというホルモン。脂肪を溜め込む作用があります。ダイエット中の睡眠不足は避けたいところですね。

 

・自分が太っている写真や不細工に映っている写真を見る

もうここまでくると極論になってしまいがちですが、この精神的にくるものの効果は絶大です。筆者も19㎏の減量の際にMAX体重の全身写真をわざと待ち受けにしていました。「この一口がこの頃に戻るきっかけになってしまうかもしれない・・・」となり、自然と食欲が減退していきます。ロック画面に憧れ体型の画像、ホーム画面に自分の太っていたころの画像、こうすることで比較して「食べている場合じゃない」と喝をいれていました。

 

・その他

歯を磨く、ゆっくり食べる、運動をしてみる…

 

おわりに

ダイエット中は食事量なども減らしたり、運動をしたりと大変なことが多いですよね。そんな中やはりストレスは溜まってしまうかもしれませんが、そこで食べてしまっては今までの苦労が無駄になると思い、一旦冷静になる心が大事です。ダイエットで溜まったストレスは他のことでそそくさと片づけてしまい、食欲に走らないように対処しましょう。どうしてもお腹が空いた!我慢できない!という時にぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です