たった一瞬で、猫背を改善できる方法

学生時代の話にさかのぼりますが、猫背をなおすために、背筋をのばした状態をキープして、快速電車のなかで立っていました。

すると、呼吸が浅くなって、だんだん意識が朦朧としてきたのです。
よい姿勢に慣れると、その状態が習慣になるから、かえって猫背になると、しんどいものだなどと言われますが、猫背を治すのは思ったよりもむつかしいのです。

手のひらを上に向けるだけ! 

N112_miagerumidori_TP_V[1]

一時的にでも・・・ 

実際に猫背を改善するためには、姿勢が悪くなる原因をさぐり、日常生活を見直す必要があります。

理想を言えば、整骨院や整体に通い、骨格から整えていくのがよいのですが、たとえほんの一時的だとしても、ほんの一瞬で美しい姿勢になる方法があるのです。

それは、手のひらを上に向けることです。
たとえば、座っているとき、手をそろえていますよね。でも、ほとんどの女性は、手のひらを見せずに、手の甲を重ねているのではないでしょうか?

手の甲よりも、手のひらをみせるポーズをとると、ごく自然に肩の力が抜けて、きれいな姿勢になれるのです。

キーワードは、ひじと手のひら

手のひらを上に向けるのは、たった一瞬でできる方法ですが、息があがることなく姿勢を正すことができます。

さらに、もうひとつ意識したいことがあります。
それは、ひじを上に向けるという感覚です。
手のひらを上に向けると、肩甲骨が刺激され、また腕全体にひねりが入るのがわかりますよね。

これは、歌舞伎役者が日々、お稽古を重ねている、日本舞踊でも取り入れられている方法ですから、それだけ合理的で、理にかなっているのでしょうね。

その状態を意識して、手のひらから、ひじまでを上に向けると、上半身の余分な力がぬけて猫背を解消するだけでなく、ひとつひとつの所作が整い、女性らしい印象になりますから。

かばんを持つときや、書類をそろえるとき、そんなささやかな立ち居振る舞いが優雅で上品なイメージになるので、ぜひ、実践してみてくださいね!