なかなか猫背が治らない、そんなあなたは【巻き肩】かも!?

姿勢よく立ってみてもなんだか猫背に見えたり、肩凝りが治らなかったりする人はいませんか?現代、巷で増加中の「スマホ首」と同じように、増えているのが「巻き肩」。これを治さないと、どんなに頑張っても姿勢ブス、そしてどんどん貧乳になってしまう可能性も!?

巻き肩って?

巻き肩とは、肩関節が身体の前方にねじれ、背中の筋肉が緊張して硬くなること。長時間、パソコンのキーボードを扱うなどで症状が現れます。放置することで猫背、肩凝りなどになってしまうことも。また、前傾姿勢になることで背中側の筋肉が前に引っ張られ、バスト周りの筋肉も硬くなってしまい、バスト全体が縮こまってしまうことにより貧乳になりやすくなってしまいます。筋肉が硬くなることで血行が悪くなり、身体全体のバランスが崩れたり、痩せにくくなるなど健康面・美容面でいいことはありません。

巻き肩の確かめ方

力を抜いてまっすぐに立ち、両手をぶらんとさせます。このとき、手の甲が自然と左右を向いていれば正常。少しでも前方に傾いていると巻き肩です。

巻き肩の治し方

無理に正しく立っていても、筋肉は硬いままですので、力を抜いた拍子に元に戻ってしまいます。硬くなった筋肉をほぐすよう、マッサージ、ストレッチが有効です。特に首周りなど、硬くなった部分を重点的に行いましょう。長い時間をかけて徐々に形成された巻き肩ですので、すぐに治ることはありません。根気よくつづけましょう。

おわりに

どんなに綺麗に装っても、姿勢が悪いと台無しですよね。姿勢だけでなく、美容面でも悪影響の大きい巻き肩。まずはチェックして、該当していた場合はしっかりと改善させていきましょう。続けることで大きな変化が見えるはずです。