いい女こそ、ストッキングにこだわる!

ストッキングは、消耗品。
そう考えて、どうでもいい商品を選んでいませんか?
たしかに、(仕事柄によっては)毎日履くものですし、電線すると、そのたびにかえなくてはならないのですから、安価なものをまとめ買いしたくなる気持ちは、よくわかります。

しかし、ストッキングの質感や色合いによっては、とても知的に見えたり、ゴージャスさをかもし出したり、クールにもなるもの。
たかだか消耗品ですが、されど、ストッキングにこだわると、いい女への近道になるのです。

ストッキングは、グレージュがいちおし!

透け感が大切

ストッキングは、薄ければ薄いほど美しいといわれていた時代もあります。
たしかに、セクシーと言う意味では、薄手であるというのは、はずせない条件ですが、単純にディニールの低さにこだわるよりも、大切なのは、履いているときの【質感】なのです。

ほのかに素肌が感じられるような、ほどよい透け感のものは、脚にニュアンスがつき、脚だけではなく全身がすっきりきれいに見えるものですから。

ストッキングは、その衛生上、試着はできませんが、店頭には、現物がありますから、腕を入れて試してみてください。
同じように見える商品でも、こまかいニュアンスは、おもしろいほどことなる印象を与えるので、意外と奥が深いアイテムだと気がつくはずですから。

この色味は、グレー? ベージュ?

つぎに大切なのは、色ですよね。
自分の肌の色よりもワントーン濃いベージュをチョイスすると、脚がほっそりと引き締まって見えるのでおすすめ。

ですが、今シーズンらしさをプラスしたいのであれば、グレージュがいいでしょう。
グレージュとは、あまり聞き慣れない言葉ですが、グレーとベージュの中間の色という意味で、グレージュと呼ばれています。ベージュが、すこやかな脚線美を演出しながらも、グレーのもつセクシーな要素も加味されるため、いいところどりができますよ!
ベージュの野暮ったさが抜けて、グレーの暗さからも無縁という最強カラーが、このグレージュなのですね。