【警告!】美白するほどシミができちゃうってホント!?

美意識の高い人ほど、季節に関係なく、1年中美白ケアをされていることと思います。日焼け止めを塗るのはもちろん、美白コスメによるスキンケア、インナーケアも大切ですよね。でもその美白ケア、本当に正しいものですか?なんと美白ケアは、やり方によってはシミを作ってしまうことがあるんです!

美白コスメで美白できるワケ

そもそも美白コスメとは、どうして美白を謳うことができるかご存知でしょうか?基本的に化粧品は、「シミが消せます」「美白できます」などと効果を謳うことができません。効果を堂々と宣伝するためには、「化粧品」ではなく「医薬部外品」という分類に入る必要があります。医薬部外品とは、厚生労働省が認可した成分が一定濃度含まれたものを指します。たとえばアルブチンは美白効果があると認められているため、この成分を含んだ商品は化粧品ではなく、医薬部外品となります。美白を目指すなら化粧品ではなく、美白成分入りの医薬部外品を使うほうが効果が実感できるというわけです。

正しい美白ケア

ひとくくりに医薬部外品といっても、配合された成分によって美白への働きかけは異なります。たとえば、シミのもとになるメラニンを作らせないようにするもの、すでにできてしまったシミを排除するもの、などです。ここで重要なのが一つ目の、メラニンの生成に関するもの。

メラニンは悪者ではない

メラニンはシミの原因になりえますが、これはたくさん作られてしまった場合の話。本来は、紫外線からお肌を守るために生まれています。シミになるからと作らせないようにすると、守るものがいなくなってしまうため、お肌はどんどん紫外線に弱くなっていきます。この状態で、日焼け止めを塗らず外に出てしまうと、果たしてお肌はどうなってしまうでしょうか。

なによりは、紫外線を浴びすぎないこと

美白コスメにばかり頼り、「今日は時間ないから日焼け止めいいや!」なんてことを繰り返していると、気付けばシミ予備軍がたくさんできていることでしょう。なにより大切なのは、紫外線を浴びすぎないこと。室内でも必ず日焼け止めを塗ることです。

おわりに

美しくなるためのお手入れで、逆効果を招いてしまうなんて絶対避けたいこと。正しいお手入れで、白く美しいお肌を目指していきましょう。