ずっと触っていたくなる!もっちりとした柔らかいお肌を作るポイントとは?

だんだんと寒くなってきました。これからの時期に気になってくるのがお肌の乾燥ではないでしょうか?お肌の乾燥はゴワツキやザラザラ感などを招きます。それにメイクのノリが悪くなってしまうなど、美容にとっては大敵ですよね。これからの時期にもお肌がもっちりと柔らかい状態を保つことができたら嬉しくないですか?今回は柔らかいお肌を作るポイントを少しだけご紹介したいと思います。

お肌の乾燥の原因

お肌の乾燥を招く原因にはいくつかあります。

・お肌の水分不足
・汗と皮脂の分泌バランスが崩れて、皮脂膜がかかっていない
・間違った洗顔方法により、必要な油分までも取り除いてしまっている
・洗顔時のお湯の温度が高すぎる

みなさんの中にも思い当たる原因はありませんか?

柔らかい肌を作るポイント

もっちりと柔らかいお肌を作るための基本は洗顔です。ゴシゴシこすってしまうとお肌を傷つけて、そこから水分が失われて乾燥を引き起こします。乾燥はお肌が硬い状態ですので、洗顔方法をまず見直しましょう。
その次がある「水分」です。化粧水などは角層という部分までにしか浸透しません。角層はこれから垢となって剥がれる部分、つまり死んだ細胞になります。ここの角層が分厚く硬い状態だったり、乾燥していると、ゴワツキやザラザラ感などが出てきます。角層を柔らかくするために、まずは水分をたっぷり与えましょう。化粧水をしっかりつけて、乳液で必ずフタをする。さらに毎日パックができたら、もっとGOODです!角層は死んだ細胞ではありますが、ここが柔らかいだけでお肌の触り心地は違います。
また、お肌は血液から栄養をもらっていますので、バランスの良い食事をしっかり摂ったり、お肌を作る栄養素であるタンパク質を摂ること、綺麗なお肌を作るビタミンを摂るなども心がけましょう。外側からだけではなく、内側からも綺麗なお肌を作り上げることができます!

いかがでしたか?お肌が硬い、ゴワツキが気になるという方は、ぜひ参考にしてみてください!日々のケアを見直すだけで、柔らかいお肌を作ることができます。