動いて痩せる!運動でスムーズなダイエットを!

ダイエットを始める際、まず食事制限を始める方々がいます。食事制限だけでのダイエットでは限界があります。体重や体脂肪を落としながら見た目も変えるのであれば、どうしても運動が必要不可欠になります。「時間がない」「動くのが億劫」「激しい運動はイヤ」などという理由で、動くことから目を背けてはいませんか?今回はダイエット中の運動について、数回に分けてご紹介したいと思います。

動いて痩せる!

「運動なんてしたくない」「楽に痩せたい」どれもよくわかります。でも人間は身体を動かすこと、つまり活動することで身体を整え、動くことで健康を保ちます。そのため動かなければ筋肉は落ち、身体は衰えてしまい、不調が生じてしまうでしょう。ダイエット中には絶対避けたい筋肉量の減少は、動かないことや厳しい食事制限で起こります。筋肉が落ちると見た目にも影響が出てしまいます。動くことで筋肉が鍛えられて、見た目は引き締まり、ボディラインも整います。

「汗をかくと痩せる」はウソ!

「汗をかいたら痩せる!」と思っている方はいらっしゃいませんか?残念ながらそれは間違い。汗が出るのは「体温調節」のためです。人間の体温は36℃前後で保たれています。運動をすることで体温は上昇しますが、体温を36℃前後に保つために、汗をかくことで上昇した体温を下げ、36℃を保つように働いています。
激しい運動で汗をかいた後、体重計に乗ると体重は減っていますが、この減った分は体脂肪が減ったのではなく、身体の中にある「水分」が汗として出たため。そのため水を補給すると、体重はもとどおりになってしまいます。体重を落とすために、サウナや岩盤浴で汗をかこうとする方もいらっしゃいますが、残念ながら落ちて欲しい脂肪は燃焼しません。

理想の運動量と運動強度は?

自分に合った運動量と運動強度はどのように意識していったらいいのでしょう?キーワードとなるのは「心拍数」と「運動時間」。心拍数とは、1分間の脈拍数のこと。運動すると心臓がドキドキします。このドキドキが1分間の間に何回拍動しているかを数えます。この心拍数を測ることで、自分がどれくらいハードな運動をしているかを知ることができます。脂肪燃焼効果があるのは、「ややキツイ」と感じる速さです。有酸素運動の目安になる心拍数は「(220-年齢)×0.7」で出すことができます。ぜひ、計算して算出し、有酸素運動の目安としてみてください!

いかがでしたか?なぜ運動が必要なのか、汗をかくことと痩せることは比例しないこと、運動量の目安について、ご紹介しました。美しいボディラインを作るためにも、運動は必要不可欠です。今からでも間に合いますので、簡単に取り組めそうなことから、試してみてください!


みーちゃん

みーちゃんダイエット検定資格

投稿者プロフィール

ダイエットインストラクター資格保有。看護師。自身のダイエット経験から、世の中に「正しく無理のないダイエット」=「健康美生活」を伝えるために日々勉強中!どうぞよろしくお願いします♫

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさまこんにちは。寝不足や疲れを感じている時、目の下にくまを見つけたことはありませんか?疲れた時や…
  2. 2015年は水素が流行り始めた年でしたね。 水素カー、水素エネルギーなどの産業をはじめ、 水素水…
  3. 食欲の秋。食欲があり、健康なのは良い事ですが、どうしても食べ過ぎによる肥満や体重の増加は気になるもの…
follow us in feedly
ページ上部へ戻る