夏が怖くない!気になるニオイを防ぐ方法とは!?

汗をかくとニオイが気になりませんか?普段は気にならなくても、脱衣所で服を脱ぐと「え?わたし今日こんなにクサかったの?」なんて気づいてしまったり…。自分では気づきにくいからこそ、きちんとしたいニオイ対策。香水をガンガン浴びてごまかす、なんて方法は今日で卒業して、徹底的にニオイの素をなくしていきましょう。

汗をかくとどうしてにおうの?

人には汗腺というものがあり、そこから汗を発生させます。この汗腺にも、エクリン腺とアポクリン腺の2種類あります。
エクリン腺はほぼ全身に存在し、そこから出てくる汗は酸性、ほとんどが水でできています。反対に、アポクリン腺は脇、耳、陰部などに存在し、水のほかタンパク質・脂質・アンモニアなどが含まれるアルカリ性の汗が出ます。この、アポクリン腺から出る汗がニオイの素になるのです。

ニオイ対策

汗はすぐに拭く

汗を放置することで、皮脂が酸化したり、汗の中で雑菌が繁殖してニオイが発生します。よって、汗をかいたらまずは拭くのが大切です。このとき、乾いたタオルではなく、ウェットティッシュなどを使いましょう。乾いたタオルのほうが汗をよく吸収してくれますが、ニオイまでは取ることができず残ってしまうことがあります。また、本来汗とは体温を下げるためにかくもの。十分に汗を拭きとりすぎてしまうと、体温が下がらずまた汗をかいてしまうことになります。抗菌もできる汗ふきウェットシートなどが販売されていますので、そういったものを使うのがいいでしょう。

洗濯はその日のうちに

汗をたくさんかいた洋服、一人暮らしだからとまとめて洗濯していませんか?ニオイがどんどん染み付き、また、衣服への黄ばみの原因にもなりえます。できるだけ毎日洗うように心がけましょう。

食事を見直す

脂っこい料理や乳製品、辛いものなどは、汗のニオイを強くすると言われています。完全に避けるのは難しいですが、気になる場合は積極的に摂らないようにしましょう。

おわりに

いい香りでごまかすことはできても、気になるニオイを消すことはできませんよね。素から対策して、ニオイの気にならない快適な夏にしましょう。