もうお泊りなんか怖くない!! カンタンにできる寝化粧のススメ

クリスマスや忘年会など、イベントが増える12月は、お泊りをする機会が増えてくるのではないでしょうか?

はじめての相手とのお泊りは、メイクをオフするとき、かなり緊張する人も多いですよね。
shinjyuku_tocyou20140921220547_tp_v1
寝るときは、すっぴんに戻るのが当たり前。
そう、信じている人は、まだまだたくさんいますから。

でも、最近は、寝るときにもうっすらお化粧している女子が増えているそうですよ。

大手のビューティー雑誌でも、寝化粧の特集を組んでいますし、24時間キレイでいたいというのは、女性としては、ごく自然な心理ですから。

ベビー・パウダーを使いこなす

色がつかない化粧品を

寝るときにほどこす化粧ですから、色みやラメ、パール感がないものをチョイスするのは当然。

しかし、顔と同じ色のはずの、ファンデーションやパウダー、アイブローをそのまま使用すると、翌朝、シーツに色が移ってしまった!! という事態になりかねません。

そこで、おすすめしたいのは、色がつかないけれど、質感をととのえることができる化粧品なのです。

でもそんな、夢のような化粧品があるものなのでしょうか?

ベビー・パウダーは優秀! 

現時点では、寝化粧専用の化粧品や、色がまったくうつらない口紅やアイブローはありませんでした。

ただし、ただし、化粧品ではないものに注目してみると、意外なものが使えたのです!
それは、ベビー・パウダーです。

ベビー・パウダー(メーカーによっては、タルカムパウだーとも)は、その名の通り、赤ちゃんのオムツを交換したあとや、汗ばむ箇所に、パタパタとはたいておくものです。

つまり、さらさらの肌をキープするために必要とされているパウダーなのです。

しかし、さらさらの肌にするだけでなく、このパウダーはたいたところは、きめが細かくなりますから、寝化粧にもってこいなのです!

乳液やクリームで肌にうるおいを補給したあとで、パフで、多めにはたいて、そのあと、やわらかなメイクブラシで余分な粉を払い落とすとよいでしょう。