どうする? 寒くて寝つきが悪い夜は

今年は、例年にないほど寒いですよね。
寒さを感じると、手足が冷えてこわばるだけでなく、夜、寝ようとおもってベッドに入っても、眠りに入るまでだいぶ時間がかかります。
美肌のためには、しっかりと睡眠をとらなくてはいけないですし、また、女性にとって冷えが大敵だというのは、言うまでもありません。

寒くて、冷たくて、なかなか寝られないときの対処法を紹介します!!

がまんは禁物

湯冷めがしないように

寒くて寝つきが悪くなっても、不思議ですが、お風呂でじゅうぶんにあたたまった後で、すぐ寝ると、そんなに寒さを感じるわけではありません。

しかし、逆にいったん湯冷めがしてしまうと、そんなに冷える晩でなくても、みょうに手足がかじかんで寝られないものです。

だから、まず寒くてどうしようもない夜は、ゆっくりとお風呂につかってあたたまったあとで、すぐに蒲団に入ることが大切なのです。

もしも、湯上がりにいろいろなことをしていて、時間がたち、湯冷めがしてしまったら、もう1度湯舟につかってあたたまるのがおすすめですよ!!

もしも、湯冷めがしてしまったら、もう1度お風呂に入ってあたたまる。
とても、地味な方法ですが、確実にあたたまるおすすめな方法ですよ。

できれば、電気毛布は使わない

寒がりさんに人気の電気毛布ですが、できれば使わないほうが無難です。
たしかにポカポカしますが、身体の表面ばかりがあたたまって、肝心な身体の内側は、冷えたままという場合が多いからです。

また、電気毛布は、肌が乾燥しやすくなったり、皮膚の表面の水分が蒸発しやすくなるため、風邪をひきやすくなるなどのデメリットも。

だから、電気毛布ではなく、羽毛布団や、厚手の毛布をかけて、寒さの対策をするのがよいでしょう。

昔ながらの湯たんぽを活用したり、腹巻をまいて寝るだけでも、だいぶ体感温度が上がりますし、湯たんぽや腹巻ならば、肌が乾燥しやすくなるというデメリットもないのでうれしいですよね。