睡眠時間が短いと太る!?あなたはきちんと睡眠時間を確保していますか?

ダイエット中のみなさん。きちんと睡眠時間は確保できていますか?睡眠時間が短いと痩せにくくなるどころか、太ってしまう可能性もあるのです!寝て痩せられるなら幸せですよね?今回は睡眠時間とダイエットの関係についてご紹介したいと思います。

○寝不足がダイエットに悪い?
「寝る時間が短いと、活動時間が長くなるため痩せるのでは?」そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、これは逆の結果に繋がってしまうのはご存知でしょうか?
アメリカの大学で、睡眠時間と肥満率について比較する調査が行われ、その調査では睡眠時間7時間のグループと比較して、6時間だと1.2倍、5時間だと1.5倍、4時間以下だと1.7倍と、睡眠時間が短いほど肥満になる確率が高いという結果になったそうです。

○なぜ寝不足だと肥満になりやすいの?
それではどうして、睡眠時間が短いと太ってしまうのでしょうか?
食欲に関するホルモンである「レプチン」と「グレリン」。レプチンは脂肪細胞から分泌され、脂肪細胞内の脂肪量に合わせて、脳に代謝アップや食欲を抑制するように働きかけるホルモンです。グレリンは胃から分泌されるホルモンで、お腹が空いた時にエネルギーを摂取するよう、脳に指令を出す食欲ホルモンです。
睡眠時間が短いと、このグレリンというホルモンの分泌量が増えるという結果が、アメリカの大学で行われた実験でわかったそうです。ホルモンは、身体の状態に合わせて、身体の各器官に命令を運ぶ物質になります。つまり寝不足状態になると、身体は食欲を増加させてエネルギーを蓄積し、消費を抑える命令を出してしまうということになります。
適度な睡眠時間は6時間〜7時間くらい。寝不足はいけませんが、長時間の睡眠も身体には悪くて、病気になる率が上がるという報告もあります。また、睡眠時間が適度であっても、夜遅くに食事を摂り、就寝時に血糖値が高い状態だと、睡眠中に余分な体脂肪が貯まりやすくなります。

睡眠時間を確保するとともに、寝室の明かりや、寝る前の軽いストレッチでリラックス状態を作ること。良質な睡眠がとれる環境を整えて、自分自身に合った過不足のない睡眠時間を確保することが大切となります。

いかがでしたか?仕事や家のことなどで、なかなか睡眠時間を確保できない方もいらっしゃるかとは思いますが、できる時に少しずつ実行してみてください。