肌のゴールデンタイムは都市伝説?美肌に良い眠り方を解析!

肌と睡眠の関係は密接であり、睡眠不足はお肌の大敵です。
皆さんは「肌を再生させる成長ホルモンが出るのは午後22時から
午前2時だからその時間に寝なくてはいけない!」という
“お肌のゴールデンタイム”説を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?しかしこの常識、実は現在の睡眠学から言うと根拠のないものだったのです。

肌のゴールデンタイムとは

一般的な肌のゴールデンタイムとは、肌の新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されやすい時間帯を示した言葉です。
成長ホルモンは子供の成長を促すホルモンとして知られていましたが、肌の水分量を保つ働きがある事や肌の新陳代謝を促し美肌を維持するために必要な存在として知られるようになり、ゴールデンタイムの間に睡眠を取ることが重要視されてきたのです。

肌のゴールデンタイムの真実

しかし最近の研究結果によると“肌のゴールデンタイムは22時~2時である”という考え方に異論を唱える専門家が増えました。
現在は、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3時間であり特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力です。
成長ホルモンは入眠から3時間の間に脳下垂体から分泌されることが証明され、重要なのは寝始めてからの3時間に熟睡をする事だと考えられるようになりました。

睡眠のサイクル

人の脳では1日の中で、自律神経の交感神経と副交感神経が交互に動いています。夜は入浴等でリラックスすることにより副交感神経が優位になると、まず浅い眠り(レム睡眠)に入り続いて深い眠り(ノンレム睡眠)へ入ります。約1時間半のサイクルで浅い眠りと深い眠りを繰り返しだんだん眠りは浅くなり自然な目覚めにつながります。
この深い眠りの時に細胞分裂を促す成長ホルモンが分泌されます。
睡眠中は成長ホルモンが分泌され肌は日中受けた紫外線や乾燥などの
ダメージを修復しようと働き、肌に血液とともに栄養が運ばれ新陳代謝を促します。

熟睡=質の良い睡眠とは

質の良い睡眠とは、入眠後3時間から4時間を熟睡できる事、つまり“入眠から3時間が肌のゴールデンタイムであり美肌には効果的です。質の良い睡眠を取るためにも、眠る前には心身共にリラックスさせる事が重要です。人は体温が下がりつつある状態に眠気を感じる為、眠る2~3時間前に入浴で身体を温めやや体温が下がってきたあたりで睡眠に入ることのできる状態にすると熟睡しやすくなります。他にも15時以降は脳を覚醒させるカフェインの摂取を控える、電気をつけたまま眠らない等様々な質の良い睡眠にするための取り組みがあります。

最後に

肌のゴールデンタイムは入眠から3~4時間という説が有力です。就寝する時間や睡眠時間にこだわる必要はありませんが、睡眠は心と体の「休息」と「修復」の時間。入眠直後の時間帯に熟睡する事が肌の新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌量に影響する為、深い眠り心がけることが大切です。ぜひ、質の良い睡眠をとるためにできる事から初めて見ることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です