アラサー女子必見!佐伯チズ式美容法で美肌を手に入れる!

いつまでも若々しくいたい、女性なら誰もが思うはず。どんなに高級なお化粧品を使ったりこ奇麗な洋服を身にまとっていても素肌が奇麗でないと大人の女性として失格。「年々お化粧が濃くなっているかも…」そんな方は危険信号!ファンデーションを重ねると重ねるほどより一層「老け顔」になっていく負のスパイラルが……。今日紹介するのは、普段のお手入れの“ある事”を見直すだけの30代でも40代でもまだまだ間に合う、美のカリスマ佐伯チズさんのスキンケア法をご紹介します。

▼美肌作りの鍵は「洗顔」だった

semgan
現在、美容アドバイザーとして活躍する傍ら、客員教授もつとめる佐伯チズさんは、71歳とは思えないつやつやと潤っている美肌の持ち主だという事でかなりテレビでも話題になりました。そんな佐伯流スキンケアはなんと「W洗顔は禁止」!実はクレンジングでお肌の汚れは落ちていて、そこに更に洗顔をしてしまうと肌に必要な潤い成分までも洗い流してしまうことになるから。なので夜の洗顔はW洗顔を行わずに洗顔料を使って1度だけでOK。夜に洗顔料を使った翌朝は、水かぬるま湯の素洗いで充分。佐伯チズさんは以前はクレンジングとW洗顔を行っていたらしく常にお肌が砂漠のような乾燥状態だったそうです。乾燥状態だと、シワやほうれい線の原因にもなってしまいます。

▼佐伯式スキンケアやり方

佐伯式スキンケアのポイントは、パーツにより洗顔料を使い分けて汚れを優しく、丁寧に落としていくこと。まずは口元や目元のポイントメイクから落としていって、その後にお顔全体をクレンジングしていきます。

■ポイントメイクの洗顔方法

(1)上まぶたはコットンで上から下へ、マスカラはめん棒で、下まぶたはコットンで目尻から目頭へ優しくふきとります。

(2)最後に目薬で目の中まで奇麗に洗い流しましょう。

(3)唇は、端から中央に向かいコットンでOFF。唇の縦じわに入り込んだ口紅は、コットンを三角形に折り角でポンポンとたたくようにしてしっかりと落とします。

■顔全体の洗顔方法

(1)クリームタイプのクレンジング剤を手の平にとり、両手で温め滑りをよくします。こうすると汚れが浮きやすくなります。

(2)額・両頬・鼻・顎に均等にクレンジングをおいていきます。

(3)目頭に手をおき、こめかみに向かってやさしく滑らせていきます。

(4)鼻筋・額・小鼻・鼻の下・口周りの順番で指先をらせんを描くように優しくマッサージします。

(5)水で濡らしたコットンで、肌をなでるように優しく拭き取ったら、ぬるま湯で洗い流します。

以上で洗顔は終わりになります。

おわりに

aaad
美のカリスマ佐伯チズ式洗顔法、いかがでしたか?ちなみにクレンジングは、お肌に優しいミルククレンジングかクリームクレンジングが佐伯チズさんおすすめです。いつもやりすぎていた洗顔をやめるだけで美肌に近づける、そんな美容法は取り入れていきたいですね。佐伯チズ式洗顔法でいつまでも素肌美人を目指してみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あや猫

美容ブロガーとして、日々自分のメイク方法や美容法の発信しコスメコンシェルジュとして活動。読者様とのコミュニケーションを大切にし、日々の悩みに答えています。美容サイトでの執筆活動も活かし、女性でいる楽しさと「可愛い」を作るサポートを一緒にしていきたいです。